うちの子ともっと快適に、もっと楽しく暮らす総合情報サイト 犬家猫館.COM

 
 
にゃるほど犬猫塾

犬家猫館.com >ペットの暮らし情報 > にゃるほど犬猫塾 > 第69回 東リさんのインテリア製品を活用して犬と快適に暮らしましょう

獣医師柴内先生の『にゃるほど犬猫塾』柴内裕子先生/赤坂動物病院 総院長
日頃より伴侶動物医療に携る一方で、社会活動コンパニオンアニマルパートナーシッププログラム(CAPP)のリーダーとして高齢者や障害者の各種施設や病院、小学校などを動物たちと共に訪問するボランティア活動に幅広く活躍されています。
(柴内先生には、東リ「犬家猫館」 (R) の製品開発の際にもさまざまなアドバイスをいただいております)
獣医師 柴内先生
第69回 東リさんのインテリア製品を活用して犬と快適に暮らしましょう

犬と家族として暮らす

私たちと共に長い歴史を歩んで来た犬は、今や家族の一人であり、社会の一員です。
今回は、家族としての犬と快適で幸せに暮らすための工夫をお話したいと思います。
以前は、庭の一隅の犬小屋に、鎖で繋がれた犬を目にすることも、珍しくありませんでした。
しかし、今では、家族として室内で一緒に暮らすようになり、人とふれあう時間が多くなることでコミュニケーション能力が高まり、人との絆も深くなりました。犬は本来群れを作る動物ですから、家の中で家族と共に暮らすことは犬の習性からも望ましいことです。しかし、好奇心旺盛な犬にとって、家の中は危険も沢山ありますし、飼い主にとって都合の悪いことも起こりますが、工夫次第で快適で安全に暮らすことが出来ます。

東リさんのインテリア製品の活用

東リさんのインテリア製品でペットと快適に暮らすために工夫された数々の製品が販売されていますので、製品の活用方法を含めてご紹介しましょう。
改築や改装の際に各々の製品を床や壁に取り入れるのが最適ですが、ここでは今暮らしているお宅で活用出来る製品をご紹介したいと思います。
東リファブリックフロアは、滑りにくく、クッション性もありますので衝撃を和らげ、滑ることによる足のトラブルの予防や、子犬や高齢犬にも適しています。廊下やフローリングの滑る床に部分的に敷くことも出来ます。
東リファブリックフロアは汚れた部分を洗って立てかけておくと、数時間後には元の通りに使用が出来、何回も使えるのでしつけ中の犬を迎えた時には最適です。
幼齢で遊びに夢中でトイレの場所に間に合わなかったり、高齢になってトイレに行くまでに時間がかかり失敗をしてしまうこともあります。そんな時も簡単に洗えますので、飼い主さんのストレスも減らせます。
また、厚みがありますので、マンションなどでは階下への音を遮ることも出来ます。
来客時や外出先から帰った時の排泄物の臭いも気になります。
換気扇の傍に犬用のトイレスペースを設置出来れば幸いですが、どのお宅でも出来ることではありません。東リさんには、気になる臭い成分を除去する消臭壁紙などもありますので、それぞれのお宅に合わせて活用し、犬との幸せな暮らしを楽しみましょう。

<リンク>
東リファブリックフロア
http://www.toli.co.jp/product_carpet/fabric_floor/
東リ壁装材「パワー1000」
http://www.inuyanekotachi.com/product/wall/shoushukabe/index.html

  • バックナンバーをみる→
  • カテゴリ一覧をみる→
↑ページのTOPへ