うちの子ともっと快適に、もっと楽しく暮らす総合情報サイト 犬家猫館.COM

 
 

ペットと暮らす「住まい」の悩みQ&A

犬家猫館.com > ペットと暮らす「住まい」の悩みQ&A > 犬 [寒さ対策]

質問一覧に戻る
犬 [寒さ対策]
?
[寒さ対策] 冬場の寒さ対策は必要ですか?
Q マンション暮らしです。今年の夏からミニチュアダックスフンドを飼っています。
夫婦共働きなので夏場はエアコンをタイマー予約(1時から4時くらい)してつけていました。
冬場の暖房はどうしたらいいですか?去年の冬は石油ファンヒーターを使用していました。
(ミニチュアダックスフンド メス 6ヶ月)
A 基本的に、チワワなどの寒さに弱いタイプ以外は、暖房などでの寒さ対策はそれほど必要ではありません。逆に過保護に暖かくすることで、抵抗力や免疫力を落とすことにつながり、のぼせて脱水状態になるなど体調を壊す心配もありますので注意しましょう。人が薄着で丁度いい状態だと、犬にはかなり暑いですよ。18℃から20℃を目安に、上着を羽織って丁度いいぐらいにしておきましょう。
留守時なども、犬が寒かったら自分で体を暖めることができるように、敷物や毛布などをベッドにそえてあげるとよいでしょう。
ペットのいる部屋で暖房を使う場合、開放型暖房器具(石油ファンヒーター)は、換気を怠らないようにしてください。オイルヒーターや床暖房など、輻射熱を利用した空気を巻き上げず汚さない暖房が、体に負担をかけずおすすめです。また、空気の温度に暖かさを依存していないので、室温を上げずとも暖かく暮らせます。
電気アンカやカーペットは、床暖房と混同されがちですが、これは輻射式ではなく伝導式の暖房といい、接触していないと暖かくはありません。また低温火傷や自律神経への心配もありますので、終日利用しないなど、使用方法に気をつけましょう。
質問一覧に戻る
ペットと快適に暮らすためのインテリア製品 PDFカタログダウンロード