うちの子ともっと快適に、もっと楽しく暮らす総合情報サイト 犬家猫館.COM

 
 

ペットと暮らす「住まい」の悩みQ&A

犬家猫館.com > ペットと暮らす「住まい」の悩みQ&A > 犬 [お留守番]

質問一覧に戻る
犬 [お留守番]
?
[お留守番] ひとりで留守番ができません。
Q 犬をひとりで家に留守番させると、出かけている間におしっこをして家の中を汚したり、ソファーなどの家具を破いたりして困ります。どうすれば良いでしょうか?
A

犬はもともと群れで生活する動物なので、ひとりぼっちにされるのが大嫌いです。ですので、ひとりで留守番をさせる時には、まず先に飼い主が犬に留守番を覚えさせないといけません。
ポイントとしては、普段からあまりベッタリとつきっきりにならず、できれば迎えたその日から安全なサークルの中に一日の内の一定時間は入れるようにして、ひとりでいることに少しずつ馴れさせることが大切です。
また、犬はひとりにされた最初の30分間に最も孤独を感じます。夢中になれるおもちゃなどを使って、この30分間をうまく乗り切らせることも上手なお留守番には非常に有効です。

さらに詳しい情報は・・・にゃるほど犬猫塾 第2回「犬だからこそ、『留守番』も覚えさせましょう」

?
[お留守番] 夏のお留守番、エアコンは付けておいた方が良い?
Q 夏場に犬をお留守番させて出かける時に、エアコンはやはり付けておいた方が良いのでしょうか?暑すぎると体に悪いとは思うのですが、冷えすぎも心配なので悩んでいます。
A

夏場の室内はとても暑く、昼間には40度を越すこともしばしばあります。また、閉め切った部屋は、風も動かずとても危険な状態で、熱射病の原因にもなります。
大切な家族の一員が具合を悪くしないように、夏のお留守番のときにはエアコンの「除湿」か「弱冷房」をかけて出かけることをオススメします。 「エアコンだと室内が冷えすぎるのでは?」と心配な方の場合は、エアコンを付けた部屋の中に犬の「逃げ場」を用意してあげましょう。もぐりこめるようなタオルを敷いた寝床を準備しておいてあげると、寒さを感じれば自分から入りますよ。

さらに詳しい情報は・・・にゃるほど犬猫塾 第3回「ペットは暑さに弱いのです。危険な留守番に注意を!」

質問一覧に戻る
ペットと快適に暮らすためのインテリア製品 PDFカタログダウンロード