うちの子ともっと快適に、もっと楽しく暮らす総合情報サイト 犬家猫館.COM

 
 

金巻先生のわんだふるな住まいの知識

犬家猫館.com > ペットの暮らし情報 > わんだふるな住まいの知識 > 第82回 音がストレスにならないために 床編

第82回 音がストレスにならないために 床編

犬や猫は、人よりも聴覚が優れており、生活環境にある音に敏感です。人には聞こえない音にも反応することがあり、犬の場合は吠え声が住宅密集地では問題となります。吠えさせないというシツケだけではなく、騒音を室内から出さない、入れない、ということが大切ですね。音によるストレスをなくすために、第33回では窓について第34回では壁について、また第43回ではハウスなどの場所について注意すべき事をお話ししました。今回は、床についても考えてみましょう。

床による吸音効果

床でおこなう音の対策は、集合住宅などの階下へのお家への配慮で、飛び跳ねたりした衝撃音の吸収をするという方法がよく知られていますね。しかし、床による吸音効果は直接的な衝撃音だけではないのです。天井には吸音天井材というものがありますが、これと似たような効果を持っています。

インテリアを使った騒音実験

東日本大震災の時なのですが、犬や猫への音環境の改善のために、実際の応急仮設住宅に壁材や床材、カーテンなどを持ち込んで騒音実験をしてみました。カーテンは遮音カーテンで、床材はオンザフローリングのタイルカーペットです。騒音源として大型犬代表としてジャーマン・シェパード、小型犬代表でミニチュア・ダックスフンド、そして人の靴音(パンプス)を用意し、スピーカで室内と室外で再生して、精密騒音計を使って住宅内外への影響を測定したのです。
オンザフローリングのタイルカーペット(カットパイルタイプ)を敷き詰めた時と敷き詰めてない時で比較すると、室外からの音に対して1250hz以上の中高周波領域で、騒音が軽減していました。つまり、騒音はカーペットに吸音されていたということです。窓から入ってきた音も、窓から出ていく音も、カーペットを敷いているときには軽減が確認できました。人の聞き取りやすい周波数は2000hz〜4000hzとされていますが、犬や猫はそれ以上の周波数に敏感です。高音域で騒音が軽減されるので、カーペットによる吸音は犬と猫の耳にとって優しい工夫と言えます。

ラグなどで音の軽減を

フローリングのような堅い床材であれば、リビングなどの窓の大きい部屋の中央にラグなどを敷いてみてあげると、安心して飛び跳ねられるだけでなく、外から入ってくる耳障りな音も、うっかり吠えてしまった声も、外へは軽減されて出て行くことになり、家族にもご近所にも嬉しい工夫となります。

profile
金巻とも子/一級建築士
一級建築士事務所 かねまき・こくぼ空間工房 主宰。動物との暮らしをテーマにした建築設計と、環境コーディネーターとして活動。集合住宅でのペット問題から、5分でできるお部屋の環境改善と楽しい工夫まで、研究提案を行う。現在、学術研究も進めている。
著書に「犬・猫の気持ちで住まいの工夫」「マンションで犬や猫と上手に暮らす」など。
(金巻先生には、東リ「犬家猫館」(R) の製品開発の際にもさまざまなアドバイスをいただいております)
金巻とも子
 金巻先生が本を出版されました!
・「マンションで犬や猫と上手に暮らす」
犬・猫の気持ちで住まいの工夫

・「猫と暮らす住まいのつくり方」


ライフスタイルやプランに応じた住まいの実例が豊富!
猫にとっての快適ポイントや危険対策がわかる!
業者選び、内装材、予算などのお役立ち情報も!

ナツメ社 定価(本体 1,400円+税)


犬・猫の気持ちで住まいの工夫

・「犬・猫の気持ちで住まいの工夫」増補改訂版


単なるペットのトラブル対策に終わらないしつけやトレーニングも踏まえながらのアドバイスが満載。
かわいいイラストも◎。
改訂版では、室内環境の意識が高まっている猫の情報と、東日本大震災で課題がみえたペット防災対策が増えました。

彰国社刊 定価(本体 1,800円+税)


ねこと暮らす家づくり

・「ねこと暮らす家づくり」


猫の「あったらいいニャ〜」に応えるための、
賃貸やマンションでもチャレンジできる工夫を案内しています。

ワニブックス刊 定価(本体 1,300円+税)


  • バックナンバーをみる→
  • カテゴリ一覧をみる→
↑ページのTOPへ