うちの子ともっと快適に、もっと楽しく暮らす総合情報サイト 犬家猫館.COM

 
 

金巻先生のわんだふるな住まいの知識

犬家猫館.com > ペットの暮らし情報 > わんだふるな住まいの知識 > 第66回 防災対策は家具の配置からも

第66回 防災対策は家具の配置からも

地震時に注意しておきたい重要ポイント

震災が続いてしまった事で、逆に「ペット防災」という単語も定着するなど、犬や猫との防災意識が高まっています。
普段からハードクレートを魅力的な「隠れ場所」として活用していれば、安全確保と即時避難という防災対策ができてしまうと、「第44回 防災対策にハードクレート」で安全対策として提案しました。様々な災害が家を襲いますが、地震の場合に注意しておきたい重要ポイントがその「隠れ家」とお部屋の扉と窓との位置関係です。今回はその位置関係の注意点について考えてみましょう。

犬猫と一緒に避難するために

大きな恐怖を感じたときに、犬猫が自分から飛び込んで避難する「隠れ家」のハウスは、大きな家具の転倒や落下物からの危険を避けるために、柔らかい素材の箱よりハードクレートなどの硬くて頑丈な素材の箱であることが望ましいものです。ベッドの周りを、頑丈な構造のサークルで囲っておくなども安全を確保する方法の一つです。この隠れ家の構造は、地震直後の身を守ってくれますが、その後についても考えておきましょう。直後の被害を逃れたら、次に家族で避難が必要になることがあるからです。
家族で家の外へ避難が必要になった時、犬猫が避難しているハウスがある部屋に、人が迎えに行かなくてはいけません。しかし、扉の前に家具が倒れていて開けることができず、救助が遅れたという事態が過去の震災で報告されています。タンスや本棚といった大きな家具が、扉の前に配置されていると避難が遅れる可能性があると言うことを理解しておきましょう。家具の転倒防止の正しい対策をしておくと同時に、万が一、家具が倒れた時の状態も想定して、家の中における避難通路も検討しておきましょう。大きな家具だけでなく、リビングではテレビなどの家電の配置もチェックしておきましょう。大きな揺れで、まさに「大型テレビが歩いてきた!」という現象も起きます。

窓への安全対策

家具による被害では、揺れでひとりでに動いてきた大型家電がガラス面に激突し、割れてしまったという窓への被害の拡大についても予防すべきです。割れてしまった場合、振ってくるガラスは凶器になります。開放的で美観に優れた背が高い大きな窓は、特に注意しましょう。飛び散るガラスから難を逃れられても、救助で人がその部屋に入らなくてはいけないこと、また、不安から部屋の中を動き回った犬猫が、床に飛散したガラスでケガをする可能性も高くなるのです。ガラスの割れた窓から飛び出しての迷子報告もあります。このように、過去の震災では割れて飛散したガラスによる事件や負傷者が多数発生しています。ガラスには飛散防止フィルムなどを利用し、さらにカーテンなどで室内側を二重構造にしておくと安心ですね。

profile
金巻とも子/一級建築士
一級建築士事務所 かねまき・こくぼ空間工房 主宰。動物との暮らしをテーマにした建築設計と、環境コーディネーターとして活動。集合住宅でのペット問題から、5分でできるお部屋の環境改善と楽しい工夫まで、研究提案を行う。現在、工学院大学建築学部客員研究員として、学術研究も進めている。
著書に「犬・猫の気持ちで住まいの工夫」「マンションで犬や猫と上手に暮らす」など。
(金巻先生には、東リ「犬家猫館」(R) の製品開発の際にもさまざまなアドバイスをいただいております)
金巻とも子
 金巻先生が本を出版されました!
・「マンションで犬や猫と上手に暮らす」
犬・猫の気持ちで住まいの工夫

・「犬・猫の気持ちで住まいの工夫」増補改訂版


単なるペットのトラブル対策に終わらないしつけやトレーニングも踏まえながらのアドバイスが満載。
かわいいイラストも◎。
改訂版では、室内環境の意識が高まっている猫の情報と、東日本大震災で課題がみえたペット防災対策が増えました。

彰国社刊 定価(本体 1,800円+税)


  • バックナンバーをみる→
  • カテゴリ一覧をみる→
↑ページのTOPへ