うちの子ともっと快適に、もっと楽しく暮らす総合情報サイト 犬家猫館.COM

 
 

金巻先生のわんだふるな住まいの知識

犬家猫館.com > ペットの暮らし情報 > わんだふるな住まいの知識 > 第73回 キッチンの衛生管理と安全対策

第73回 キッチンの衛生管理と安全対策

キッチンは危険が多い

犬や猫には入らせたくない場所の筆頭といえば、キッチンでしょう。そこには、火の元や刃物など触れると危険なものと、タマネギなどの犬猫が食べると危険な食べ物、そして洗剤といった危険な液体も置いてあります。中大型犬では前足をキッチン台の上に乗せて立ち上がることができるために、カウンターの上の物を落としたり火傷をしたりという事故の報告があります。台の下の引き出しを開け閉めしている時に犬猫が覗き込んで足先を挟むなどの事故の報告もあります。もちろん、抜け毛が調理中の食べ物に入ってしまうと、人への衛生面への問題もありますね。そのため、キッチンへの出入り口にはゲートをつけるなど、立ち入り禁止対策がなされるのが一般的です。ただ、猫は犬と違って上下運動もあるので、配膳のための小窓やキッチンカウンターから出入りができてしまうため、立ち入り制限が難しくなります。

キッチン周りの整理が効果的

猫にキッチンの上に乗らないようにトレーニングするのは至難の業です。
そこで、私がご提案するのは「猫は、人が見ていないときにキッチンに入るもの、台には上がっているもの」と割り切って、キッチン周りを整理してみることです。その上で、キッチンの上に上りたくなるような誘惑を極力減らすのです。つまり、カウンターの上に、物を置かないように収納を工夫すること。調味料も包丁もしっかりしまうように工夫します。収納することが不便にならないようにという、機能的な収納があるキッチンユニットの商品も多いので、ユニット交換の時にはそういった「よく使う物も収納する」という視点で選ぶのをお勧めします。置いてあるものが少なければ、掃除も簡単です。人の知らぬ間にキッチンの作業台の上を猫が歩いていたとしても、調理する時にエタノールなどでサッとカウンター全体を拭き掃除をして作業に入れば衛生的です。

レンジフードにも注意

スタイリッシュなキッチンで人気の、浅型のレンジフードの場合、猫がレンジフードに乗ってしまうという相談がありました。スタイリッシュなフードは、作業をしている人を上から眺めるのに丁度よい場所にある棚に見えるようです。人の作業を見るのが大好きな猫には大変魅力的な場所になるのでしょう。可能ならば、フードは深型やマントル型にするか、団らんの場所(リビング)にいる猫から、フードの存在が見えにくいようにしておくなど工夫が必要でしょう。

profile
金巻とも子/一級建築士
一級建築士事務所 かねまき・こくぼ空間工房 主宰。動物との暮らしをテーマにした建築設計と、環境コーディネーターとして活動。集合住宅でのペット問題から、5分でできるお部屋の環境改善と楽しい工夫まで、研究提案を行う。現在、工学院大学建築学部客員研究員として、学術研究も進めている。
著書に「犬・猫の気持ちで住まいの工夫」「マンションで犬や猫と上手に暮らす」など。
(金巻先生には、東リ「犬家猫館」(R) の製品開発の際にもさまざまなアドバイスをいただいております)
金巻とも子
 金巻先生が本を出版されました!
・「マンションで犬や猫と上手に暮らす」
犬・猫の気持ちで住まいの工夫

・「犬・猫の気持ちで住まいの工夫」増補改訂版


単なるペットのトラブル対策に終わらないしつけやトレーニングも踏まえながらのアドバイスが満載。
かわいいイラストも◎。
改訂版では、室内環境の意識が高まっている猫の情報と、東日本大震災で課題がみえたペット防災対策が増えました。

彰国社刊 定価(本体 1,800円+税)


ねこと暮らす家づくり

・「ねこと暮らす家づくり」


猫の「あったらいいニャ〜」に応えるための、
賃貸やマンションでもチャレンジできる工夫を案内しています。

ワニブックス刊 定価(本体 1,300円+税)


  • バックナンバーをみる→
  • カテゴリ一覧をみる→
↑ページのTOPへ