うちの子ともっと快適に、もっと楽しく暮らす総合情報サイト 犬家猫館.COM

 
 

金巻先生のわんだふるな住まいの知識

犬家猫館.com > ペットの暮らし情報 > わんだふるな住まいの知識 > 第81回 トイレの形 猫の好み編

第81回 トイレの形 猫の好み編

第40回「トイレの工夫 猫編」第75回「猫のトイレの場所の工夫」で、臭いの注意やトイレトレーの置き場のサイズ、また出入りのしやすさなど猫の使い勝手について触れてきました。市販されている猫のトイレ商品には、オープンなトレー型とカバー付きのドーム型がありますね。カバーがあると臭いがこもりやすいという点と、排泄後に排泄物を踏まずにトレーを出るのがしくいという点から、私はオープン型をお勧めしてきました。
そんな中、この猫のトイレの形について、カバーがある方が良いのかない方が良いのか、フランスの動物病院の研究チームから猫のトイレの好みについての興味深い調査報告※が、2019年になされました。結果は「大きめで、カバー付きトイレの方が好まれやすい」というものでした。

フランスの研究チームの調査報告

この調査では、部屋に「カバー付き」と「カバー無し」を並べておいて、猫に好きな方を選んでもらうというものです。まずは、両方とも同じサイズにして、13匹の猫に協力してもらいました。次に12匹の協力を得て、「カバー付き」を「カバー無し」より面積を一周り(17%)ほど大きくしています。結果は、「カバー付きで、大きい方」が好まれたと分析できたそうです。ただし、同居する動物がいない単頭飼育、なおかつ完全室内飼育の猫であり、トイレ内はいつも清潔に管理されていること、そしてカバーにはスイングドア(出入り口の扉)の無いものとの条件のもとでした。
広さに関しては、「トイレは大きい方が猫に好まれる」というのは先行研究の結果もありますし、広い方が良いというのは頷けます。カバーに関してですが、トイレトレー(カバー内)を引掻くという、猫がトイレの不満を示す行動が、ドーム型(カバー付き)トイレで多く見られますので、「カバー付きのトレーが最高」ということもないと、私は考えます。しかし、猫的に「横から誰かにちょっかいかけられないような個室空間」をカバーに期待されているようにも考えられます。

猫にとって快適なトイレ空間とは

市販のものでは、大き目のトイレトレーはドーム型があまり見られません。トイレ空間を「通気が良くて臭いがこもりにくい」「用を足した後の砂の上を歩かなくてもすむほどに広く」という2つの配慮もしてあげられる空間をと考えると、カウンター下などのホコラ状空間が良さそうです。空間の高さはカバー付きトイレトレーが置けるぐらい、広さはトレーの外を一回りできるぐらいを確保します。そこでは、カバー無しのトイレトレーであっても、猫の期待する「邪魔が入らない」「広め」「臭わない」というトイレ空間が可能になりそうです。



※「Field assessment in single housed cats of litterbox type (covered/uncovered) preferences for defecation,」Beugnet, V.V., Beugnet, F., Journal of Veterinary Behavior (2019),
doi: https://doi.org/10.1016/j.jveb.2019.05.002.

profile
金巻とも子/一級建築士
一級建築士事務所 かねまき・こくぼ空間工房 主宰。動物との暮らしをテーマにした建築設計と、環境コーディネーターとして活動。集合住宅でのペット問題から、5分でできるお部屋の環境改善と楽しい工夫まで、研究提案を行う。現在、工学院大学建築学部客員研究員として、学術研究も進めている。
著書に「犬・猫の気持ちで住まいの工夫」「マンションで犬や猫と上手に暮らす」など。
(金巻先生には、東リ「犬家猫館」(R) の製品開発の際にもさまざまなアドバイスをいただいております)
金巻とも子
 金巻先生が本を出版されました!
・「マンションで犬や猫と上手に暮らす」
犬・猫の気持ちで住まいの工夫

・「猫と暮らす住まいのつくり方」


ライフスタイルやプランに応じた住まいの実例が豊富!
猫にとっての快適ポイントや危険対策がわかる!
業者選び、内装材、予算などのお役立ち情報も!

ナツメ社 定価(本体 1,400円+税)


犬・猫の気持ちで住まいの工夫

・「犬・猫の気持ちで住まいの工夫」増補改訂版


単なるペットのトラブル対策に終わらないしつけやトレーニングも踏まえながらのアドバイスが満載。
かわいいイラストも◎。
改訂版では、室内環境の意識が高まっている猫の情報と、東日本大震災で課題がみえたペット防災対策が増えました。

彰国社刊 定価(本体 1,800円+税)


ねこと暮らす家づくり

・「ねこと暮らす家づくり」


猫の「あったらいいニャ〜」に応えるための、
賃貸やマンションでもチャレンジできる工夫を案内しています。

ワニブックス刊 定価(本体 1,300円+税)


  • バックナンバーをみる→
  • カテゴリ一覧をみる→
↑ページのTOPへ