うちの子ともっと快適に、もっと楽しく暮らす総合情報サイト 犬家猫館.COM

 
 

金巻先生のわんだふるな住まいの知識

犬家猫館.com > ペットの暮らし情報 > わんだふるな住まいの知識 > 第1回 犬や猫の習性に合わせた内装材選び

「犬や猫の習性に合わせた内装材選び」
住まいの内装材は、ペットの習性を考慮して選択しましょう。犬と猫について、それぞれ [床]、[壁]、[カーテン]の代表的なポイントについて解説します。
犬編
 [床]歩く部分には滑りにくいものを。
長い廊下や犬が歩く部分には、カーペットなどの滑りにくい素材を敷くようにしましょう。フローリングではグリップが効かず、滑りやすいので、脱臼や骨折の危険性があります。後ろ足の疾患が有名ですが、前足や「胴長短足」タイプでは腰への負担も軽くはないので注意が必要です。
[壁]腰壁や手入れのしやすい壁紙を利用しましょう。
廊下の壁は、犬が擦りよっていくため特に汚れやすい部分です。メンテナンスのためにも、犬の背に合わせて腰壁を付けたり、簡単に水拭きできる壁紙を選択するとよいでしょう。腰壁は傷や汚れがひどくなっても取り替えられるので経済的にもお得です。
[カーテン]音を遮るカーテンを付けましょう。
犬にとって、外からの音はけっこうなストレスになります。窓には防音効果のあるカーテンを付けて、できるかぎり防音につとめるようにしましょう。
猫編
[床]お掃除のしやすいシート状のものがおすすめです。
目地には埃や水分が残りやすく、放っておけば臭いの元になるだけでなく劣化の原因にもなります。猫はグルーミング後の毛もどしや食べこぼしをしやすいことを考慮すると、床には簡単にお掃除できるシート状のものをおすすめします。
[床]トイレにはタイルカーペットを敷きましょう。
トイレまわりは、砂の飛び散り対策のためにタイルカーペットやマットを敷くようにしましょう。
[壁・カーテン]洗濯や水拭きができるものを選びましょう。
壁紙やカーテンは、室内の埃やネコのアレルゲンを日々キャッチしています。特に微細なアレルゲンが壁やカーテンに付着すれば、空気洗浄機でも取りきることはできません。アレルギーの予防のためにも、洗濯や水拭きがこまめにできる素材を選びましょう。
金巻とも子/一級建築士
大手建設会社にて集合住宅を中心に企画設計・施工管理などを担当。独立後は設計業務のほか、動物との暮らしをテーマに建築コーディネーターとして常に第一線で活躍されています。
(金巻先生には、東リ「犬家猫館」 の製品開発の際にもさまざまなアドバイスをいただいております)
金巻とも子