うちの子ともっと快適に、もっと楽しく暮らす総合情報サイト 犬家猫館.COM

 
 

金巻先生のわんだふるな住まいの知識

犬家猫館.com > ペットの暮らし情報 > わんだふるな住まいの知識 > 第7回 心と身体に健康な住まい方

第7回 心と身体に健康な住まい方
今回は、平成17年4月2日に開催された「東リ イヌヤネコタチ ゼミナール『心と身体に健康な住まい方』での講義内容をここでもご紹介します。
「犬だから吠える」「猫だから爪とぎは仕方ない」と、犬や猫たちの訴えを無視してしまっていることはありませんか? 彼らは決して「飼い主を困らせよう」と思ってそうしているわけではありません。その行動の中に重要な訴えが隠されている場合があります。
気持ちがよく居心地のよい家であれば、彼らは大好きな飼い主さんと幸せに暮らすことができます。彼らのシグナルを見落とさずに、素敵な暮らしを作り上げたいものです。そのためには何が必要なのでしょうか。
1 素敵な飼い主さんになる
大好きなはずの飼い主が、彼らにとってのストレスの要因であればとても悲しいこと。素敵な飼い主さんの条件とは…
  1. 「頼もしく・分かりやすい」
  2. 「落ち着いていて、怒るより褒めてくれることが多い」
  3. 「たくさん遊んでくれる」
住まいとは関係がないようですが、ペットにとってはとても分かりやすく、大切なことなのです。こうしたことを意識して、犬や猫たちと接していきましょう。
頼りがいがあり、
指示が一定で、わかりやすい
入っていい場所といけない場所が、まちまちではなく、はっきりわかる。
→「居場所を制限」
勝手に触ってはいけないものは、口の届く場所にない。
→「収納率の確保」
噛んだり、爪とぎをしていい場所といけない場所がはっきり違う。
→「仕上材の適材適所の選択」
怒ることが少ない
(失敗させないで)
(無駄な誘惑がない)
(自信を持たせてくれる)
ストレスを感じさせない健全な空気の確保。
→「上手な通風・換気の徹底」
犬や猫たちが失敗しても、すぐに対処できる。
→「掃除がしやすい住まいづくり」
安心して逃げ込める、「居場所」を確保。
→「ハウスとベッドの用意」
たくさん遊んでくれる。
猫ならば一人でも遊べるように
平面プランと内装材の仕上げを、毎日の掃除がしやすい状態に。
猫が上下に移動できるルートの確保。
2 快適な住まいを整える
居場所の確保
ケージを利用して犬や猫たちの居場所を明確にしてあげることは大切なこと。入っていい場所、いけない場所を、住まいの中で明確にしてあげてください。
犬にとって、ハウスとトイレはとても重要です。ケージ(サークル)内であれば、トイレはハウスの対角線上で一番遠い場所がベストです。また窓のすぐそばは一日で気温差がありすぎ、騒音の入り口にもなりますので、ハウスは静かで落ち着いた場所に確保してあげましょう。
居場所の確保イメージ
収納率の確保
収納率の確保イメージ 彼らに触ってもらいたくないものは、外に出さないことが鉄則です。彼らは触ったり、かんだりして物を認識しますから、新しいものがあれば触ってみようとするのです。「見せない」「入らせない」「触らせない」は収納の三原則です。
私が設計を依頼されたときは、お施主様の持ち物プラス10%〜20%の収納を確保するようにしています。
掃除がしやすい住まいづくり
快適で安全な住まいのためには、健康な空気環境の維持が出来るように、掃除がしやすい環境づくりも重要です。室内の床や壁などに最適な建材を使用するなどの工夫をしましょう。すり汚れが多くなる場所は水拭きがしやすい素材を、猫の爪とぎ防止には表面が平滑なものを選択してください。腰壁から上は、消臭・防湿建材の積極的な活用をお勧めします。
さらに床材には様々な選択肢があり、それぞれに長所も短所もあります。掃除のしやすさでいえば、目地の少ないシートタイプのもの。彼らの足のことを考えれば、カーペットがお勧めです。

掃除がしやすい住まいづくりイメージ
防御だけでなく満足させて!
「爪とぎ」「噛む」「掘る」というのは正常な行動です。重要なことは彼らが好きな場所で、好きな素材で気持ちよくやらせてあげること。爪とぎや噛むおもちゃは、気に入るものを選んであげてください。
住まいの中にキャットウォークの設置をする場合、高さ1.5mくらいのキャットウォークがお勧めです。猫は基本的に地面で生活する生き物。落下事故も多いので気を付けてあげてください。
3 高齢化対策も万全に
彼らはいつまでもかわいいので、「年をとっている」ということを忘れがちです。年をとったときのゾーニングも早めに考えてあげてください。問題行動を解消するためにリフォームする場合は、その原因をまず見極め、一時対処とともに全体プランを見直しましょう。
金巻とも子/一級建築士
大手建設会社にて集合住宅を中心に企画設計・施工管理などを担当。独立後は設計業務のほか、動物との暮らしをテーマに建築コーディネーターとして常に第一線で活躍されています。
(金巻先生には、東リ「犬家猫館」 の製品開発の際にもさまざまなアドバイスをいただいております)
金巻とも子
  • バックナンバーをみる→
  • カテゴリ一覧をみる→