うちの子ともっと快適に、もっと楽しく暮らす総合情報サイト 犬家猫館.COM

 
 

金巻先生のわんだふるな住まいの知識

犬家猫館.com > ペットの暮らし情報 > わんだふるな住まいの知識 > 第10回 勘違いしやすい冬場の室内環境づくりのポイント〜『擬人化』の落とし穴〜

第10回 勘違いしやすい冬場の室内環境づくりのポイント〜『擬人化』の落とし穴〜
室内で犬や猫たちを飼う家庭が増え、彼らはすっかり家族の一員。しかしそういった「擬人化」は、時としてトラブルの原因になることがあります。例えば、人の食べ物を与えて栄養のバランスを悪くしてしまったり、家具を傷つけたりする事を「いたずら」や「あてつけ」と勘違いして怒ってしまったり…。住まい方においても、困った勘違いをして彼らに悪影響を及ぼしてしまうこともあります。今回は室内の空気環境における困った「擬人化」の例、またその対策に焦点を当ててみました。
1 防寒対策に要注意!

寒くなると、犬や猫たちの防寒対策を気にする方が多いのですが、人と同じだと思ってしまうと逆に体に負担を掛けてしまうことがあります。

犬は一部の種類を除いて寒さには比較的強いもの。そして、多くの犬や猫たちはこの季節に「夏毛」から耐寒のためにフサフサの「冬毛」に変わっていきます。人間がそろそろ暖房を付けようと思った時期にはもう「冬毛」になっているのですから、人間が「薄着で暖かい」と感じる室温では、彼らには暑過ぎることになります。

また寒いからと室内温度を過度に上げてしまい、外気温と差が出すぎてしまうのも健康悪化の一要因。散歩の外出時などに、その急激な温度変化で体にダメージを与えてしまいます。子犬や子猫、年をとった犬や猫たちは、特に温度変化に弱いので注意してあげたいものです。

2 快適な空気環境づくりのポイント

室内温度
室温を20℃程度に押さえ、あまり温度を上げないようにしましょう。そのためには「人が寒い」と感じない工夫も重要。人は足の裏から体温が奪われることで寒さを余計に感じますから、床に足触りが温かいものを選んで敷くようにしてください。空気の温度に依存することなく、余分に暖房しなくてすむようになります。カーペットやラグなども臨機応変に活用するとよいでしょう。

 

吸放湿性のある「アースウォール」を使用した壁。
室内温度
湿度は30%以下にならないようにし、60%を目安にしましょう。加湿器などを利用する前に、壁や天井に湿度を調整してくれる「調湿建材」が使われていると効率が良くなります。
暖房器具を活用する際は…
輻射熱の暖房器具は埃を巻き上げないので空気環境としては理想的ですが、床暖房などの使用には注意が必要です。一日中そこに張付いているようだと、体が熱くなってしまいよくありません。寝場所では使わないなどの配慮が必要です。また電気カーペットは床暖房と似ていますが、触れていないと温かくないために、熱中症になる恐れが高くなりますので十分に気をつけてください。
金巻とも子/一級建築士
大手建設会社にて集合住宅を中心に企画設計・施工管理などを担当。独立後は設計業務のほか、動物との暮らしをテーマに建築コーディネーターとして常に第一線で活躍されています。
(金巻先生には、東リ「犬家猫館」 の製品開発の際にもさまざまなアドバイスをいただいております)
金巻とも子
  • バックナンバーをみる→
  • カテゴリ一覧をみる→