うちの子ともっと快適に、もっと楽しく暮らす総合情報サイト 犬家猫館.COM

 
 

金巻先生のわんだふるな住まいの知識

犬家猫館.com > ペットの暮らし情報 > わんだふるな住まいの知識 > 第15回 猫を室内で安全に遊ばせるために

第15回 猫を室内で安全に遊ばせるために

「完全室内飼育」は、単独生活者でしかもテリトリー内で待ち伏せ型の狩りをしてきた猫には、意外と受け入れやすい生活です。しかし、交通事故や伝染病から猫を守る事になるという利点がある反面、室内だけで運動も済ませなくてはならない、刺激がない生活だとストレスになるという問題もあるので、ひと工夫が必要です。

猫は木登りが上手い!という誤解

吠える「住まいの中の遊び」というテーマで、以前にも取り上げた事がありますが、猫の「住環境の質」についてもう少し考えてみましょう。
猫は、立体的に空間を楽しみ、室内でも見晴らしのいい場所に上がり、のんびり家族や部屋の中、そして外を眺めるのが大好きです。ただ、勘違いしてはいけないのが、木登りが上手いわけではありません。前足の構造からよじ登るのは得意ですが、垂直に降りる事は苦手なのです。よじ登り遊びをしても、安全に降りられるスロープや段上の道を用意してあげましょう。
 また、安全と衛生上のために、キャットウオーク(猫用のアスレチック通路)の高さは人の掃除の手が届く所に押えておくのもポイントです。

キャットタワーの高さにも配慮して

室内での猫の事故では、2階の手摺や1階の梁を利用したキャットウオークからの「転落」が多く見られるようです。市販のキャットタワーなどは、適度な高さで良いのですが、固定が不十分でグラついていると、危険ですし気持ち悪がって乗らなくなります。
猫用の階段やアスレチックを、全て作り付けにしてしまうのではなく、移動できる家具や市販のロータイプのキャットタワーを取り入れる事をお薦めします。室内の見え方がほんの少し変化する事は、生活に新鮮さを呼び込めます。

猫用の階段や棚のデザインにも工夫を!

そして、猫用の階段状の棚を作っても、始めは興味を持たずに使わなかったりすることも多いものです。階段の先が、庭や他の部屋への覗き窓、室内でのちょっとした待ち伏せポイントになっていると、興味を持ってもらいやすくなりますよ。
また、はじめは使わなかった猫用の棚も、かなり時間がたってから急に興味を持って使い始める事があります。飾り棚に転用してあったりすると、飾った物を落とされることに。ですから、猫が使っても使わなくてもインテリアとして成り立つように、猫用の階段や棚のデザインも工夫する事をお薦めします。
私のデザインでは、棚を箱状にして中は飾り用、上は猫の階段と2通りに使えるようにしています。


待伏せポイント

よじ登り柱と階段+覗き窓

飾棚兼用猫階棚

profile
金巻とも子/一級建築士
大手建設会社にて集合住宅を中心に企画設計・施工管理などを担当。独立後は設計業務のほか、動物との暮らしをテーマに建築コーディネーターとして常に第一線で活躍されています。
(金巻先生には、東リ「犬家猫館」 の製品開発の際にもさまざまなアドバイスをいただいております)
金巻とも子
  • バックナンバーをみる→
  • カテゴリ一覧をみる→