うちの子ともっと快適に、もっと楽しく暮らす総合情報サイト 犬家猫館.COM

 
 

金巻先生のわんだふるな住まいの知識

犬家猫館.com > ペットの暮らし情報 > わんだふるな住まいの知識 > 第17回 扉の安全と工夫

第17回 扉の安全と工夫

室内で犬や猫と暮らす時、「ペット用ドア」が人気です。
人気のペット用のドアには、扉に小さなくぐり戸をつける「自由に出入させるため」のものと、「入らせない」というゲート状のもの2種類があります。前者を「ペットドア」後者を「ペットゲート」と呼ぶ事が多いですね。
しかし、こういったアイテムだけでなく、「扉」自体の扱いにも気を配りましょう。開き勝手やノブなどの使いやすさはもちろん、安全であることや犬の場合は躾のしやすさという点からも、とても重要なポイントです。

ペットドア   ペットゲート
ペットドア   ペットゲート

扉と躾との関わりについて

「ペットドア」を使い、家の中を自由に歩き回らせてあげる事がストレス軽減のようにも思えますが、実は犬にとってはそうとも言えません。
「躾のしやすい住環境」(第2回)の中で、「居場所を制限する」というお話をしましたが、「扉」という出入り口がどう躾に関ってくるのか理解するために、何故「居場所の制限」が躾に重要なのか、今回は改めて考えてみましょう。

自由に動き回れる部屋を制限する配慮が必要

犬や猫にとって「自由に歩きまわれる場所」では、知らないもの・気になるものは全て噛んだり触ってみたりして確認する必要が出てきます。人にとってどんなに大切なものであっても、どれも楽しい玩具にもなります。
そして特に、犬にとっては、食事をする場所と寝る場所以外はどこでもトイレと同じです。
“躾”とはルールを覚える事。ですから、トイレはどこですればいいのか、何が触ってはいけないものかなど、家の中のルールを覚えるトレーニングが終わるまでは、サークル内だけでなく、自由に動き回れる部屋を制限する配慮をしてあげた方が、犬にとっては判りやすく、失敗を減らしてあげられるので親切なのです。

シツケのトレーニングは、失敗させない事が上手に早く終わらせるコツです。
ですから、犬の場合は「ペットドア」を取り付ける扉はある程度限定し、さらにロックが出来るようなものだと、時と成長に合わせて使えるので便利です。

profile
金巻とも子/一級建築士
大手建設会社にて集合住宅を中心に企画設計・施工管理などを担当。独立後は設計業務のほか、動物との暮らしをテーマに建築コーディネーターとして常に第一線で活躍されています。
(金巻先生には、東リ「犬家猫館」 の製品開発の際にもさまざまなアドバイスをいただいております)
金巻とも子
  • バックナンバーをみる→
  • カテゴリ一覧をみる→