うちの子ともっと快適に、もっと楽しく暮らす総合情報サイト 犬家猫館.COM

 
 

金巻先生のわんだふるな住まいの知識

犬家猫館.com > ペットの暮らし情報 > わんだふるな住まいの知識 > 第18回 扉の安全と工夫〜その2〜

第18回 扉の安全と工夫〜その2〜

犬が落ち着いて気持ちよく暮らすためには、人が日常からリーダーシップをとってくれていて、自分を守ってくれていると犬が感じる事が必要です。そうでないと、犬にとって世の中は判らないものだらけで、犬が自分で色々判断しなくてはならず、始終緊張していなくてはいけません。辛そうですね。

誰がリーダーシップを取るかが重要です

犬は、誰がリーダーシップを取っているのかは、日常の人が起こす小さな行動の繰り返しを見て理解します。トレーニングでは、散歩での歩き方や食事のタイミングなど、犬に勘違いをさせない方法が色々ありますね。同じように、住まい方の中で考慮できる事があります。それは、まずは「出入りの優先権」を、犬ではなく人が持っている事を示す事です。こうすると、リーダシープをどちらがとっているのか犬にも理解しやすくなるのです。家族がその場所や犬の責任を取ってくれているのだと感じられると、犬は安心して寛ぐことができるようになり、見知らぬ物や不信な物があっても騒ぐ事が減ります。

出入りの優先権を持ちましょう

「出入りの優先権を持つ」方法とは、部屋の外への扉を通る時には、まずは人が先に出入りし、人の許しがあって犬もその扉を通れると感じさせる事です。前回おさらいした「居場所を制限する」という事をしっかり守っていると、より犬にはわかりやすくなるでしょう。しかし、自由に歩きまわれる部屋数が多かったり、扉を出入りするたびに毎回意識していたのでは、少し大変そうですね。

扉にも工夫を!

そこで、開き勝手を工夫すると、より自然に犬が前に出に行く事を防ぐ事ができそうです。内開き(手前に扉が開く)にするか、外開き(押して扉を開ける)にするかですが、比較的内開きの方が、扉を開けたときに先に犬が出て行ってしまう事が減るようです。
居場所を制限しようとしても、扉を勝手に自分で開けてしまう子もいます。外開きでレバーハンドルの取手だと、体重をハンドルと扉に掛けることで犬や猫にも扉が開けられてしまいます。さらに、大型犬で頭のいい子だと、内開きでもレバーハンドルなら開けてしまいます。

そういった場合は、取手が丸いものやハンドル部分が短いものにしておくと安心です。また、「プッシュプル」という内側に開ける時には、引っ張る取手でも犬や猫には難しくなります。
扉は人に使いやすい事も重要ですね。特に家から外へ出る扉ですが、左でリードを持っている(左にツケを教えている)場合、扉の吊り元は右側にすると、使い勝手がよくなります。


丸い取手
プッシュプル
左でリードを持っている
(左にツケを教えている)場合

profile
金巻とも子/一級建築士
大手建設会社にて集合住宅を中心に企画設計・施工管理などを担当。独立後は設計業務のほか、動物との暮らしをテーマに建築コーディネーターとして常に第一線で活躍されています。
(金巻先生には、東リ「犬家猫館」 の製品開発の際にもさまざまなアドバイスをいただいております)
金巻とも子
  • バックナンバーをみる→
  • カテゴリ一覧をみる→