うちの子ともっと快適に、もっと楽しく暮らす総合情報サイト 犬家猫館.COM

 
 

金巻先生のわんだふるな住まいの知識

犬家猫館.com > ペットの暮らし情報 > わんだふるな住まいの知識 > 第24回 食卓の位置などの配慮

第24回 食卓の位置などの配慮

犬や猫と一緒に食事をするのも楽しいものですが、けじめをしっかりつける事が大切です。 まず、犬の場合の食事は強請られてから食事を与えるのではなく、人のルールとタイミングを優先するようにしましょう。
ここで、注意しておきたいのが、食事に対するけじめです。いつまでも食器を出しっぱなしにしてダラダラ食べさせる事は健康上よくありません。長時間かけて食べているようなら一旦食器を引き揚げてしまいます。猫は休み休み食べる癖があるので比較的時間がかかりますが、犬ならば15分程度待っても食べなければ下げてしまってかまいません。
食事の場所は、出入り口付近や窓の側などの騒がしい場所を避け、食事に集中できる場所にセットしてあげる配慮が必要でしょう。

犬と猫との共存時の注意点

犬は水を食器の外に零してしまいがちで、猫はフードを皿からおろして食べてしまう事もありますから、周辺の床はふき掃除がしやすいものである事も重要です。
また、犬と猫が一緒に暮らしている場合、食事の場所に配慮したい事があります。猫が休み休み食事をしていると、犬がその猫の食べ残しの(ように見える)フードを食べてしまう事があるのです。犬は食いだめする習性があり、食べ物はあればあるだけ食べようとするためと、猫の食事が犬の食事に比べて油分が多めでおいしいから、という理由もあるようです。犬と猫の必要な栄養価は違いますから注意が必要です。こういった事態が起きやすいと、猫が落ち着いて食事を取れないという事にもつながります。
その対策のために、犬には床面に食事スペースを設けてあげ、猫の食事スペースは犬の届かない少し高めの台やカウンターの上に設置してあげるなど、高さや区画で仕切ってあげるといいでしょう。

犬や猫のために食卓はダイニングテーブルに

そして、人の食卓も見直しましょう。食卓が座卓のように低くて、犬や猫に人の御馳走がよく見える状態というのは問題が多そうです。人の美味しそうな食べ物は、犬にも猫にも魅力的です。特に犬には家族の食卓は大変な誘惑です。群れの仲間が食べている同じ物を自分も食べたいと感じるからです。しかし、人の食べ物は彼らの体に良くありませんから、欲しがられても分け与えるわけにはいきません。群れの御馳走を見せながら、我慢させることになってしまいます。
ですから、食卓は座卓のような和式よりダイニングテーブルのような洋式の方が、犬や猫との暮らしにはより望ましいと言えます。

profile
金巻とも子/一級建築士
大手建設会社にて集合住宅を中心に企画設計・施工管理などを担当。独立後は設計業務のほか、動物との暮らしをテーマに建築コーディネーターとして常に第一線で活躍されています。
(金巻先生には、東リ「犬家猫館」 の製品開発の際にもさまざまなアドバイスをいただいております)
金巻とも子
 金巻先生が本を出版されました!
・「マンションで犬や猫と上手に暮らす」
犬・猫の気持ちで住まいの工夫 ・「犬・猫の気持ちで住まいの工夫」

単なるペットのトラブル対策に終わらないしつけやトレーニングも踏まえながらのアドバイスが満載。かわいいイラストも◎。
彰国社刊 定価(本体 1,600円+税)


  • バックナンバーをみる→
  • カテゴリ一覧をみる→