うちの子ともっと快適に、もっと楽しく暮らす総合情報サイト 犬家猫館.COM

 
 

金巻先生のわんだふるな住まいの知識

犬家猫館.com > ペットの暮らし情報 > わんだふるな住まいの知識 > 第25回 寝室を共にする時の配慮

第25回 寝室を共にする時の配慮

犬や猫と寝室を一緒にしている方は多いかもしれません。しかし、室内の衛生面やシツケの面からは、寝室は別にする方が良いと考えられます。それはどういった点なのか見直してみて、工夫出来ないか考えてみましょう。

寝室はカビやダニを繁殖しやすい

まず、室内の衛生面ですが、寝室には快適湿度が他の部屋より少し高めであるのと、常に温度・湿度共に変動がすくない場所という特徴があります。ファブリックなど布製品も多いためにカビやダニを繁殖しやすい環境でもあります。ですから、犬や猫が出入りすることが日常多いと、抜け毛やフケなどのダニ・カビの栄養源になるタンパク質を増やしてしまう恐れがあります。

特に、猫は体を舐めてグルーミングをするという性質があります。そのために体の表面についた唾液が乾燥して細かいチリとなり、寝場所などに沢山たまることとなります。このチリはアレルゲン(アレルギーの原因)です。アレルゲンを吸引することが多い人は猫アレルギーになりやすくなるもので注意が必要です。

寝室は犬にとって究極のテリトリー

そして、犬ではシツケに関わる問題があります。寝室は犬にとって究極のテリトリーであるためです。特に、ベッド(寝床)を一緒にすると問題が大きくなる可能性があります。人と犬とが寝場所を同じくしてしまうと、その究極のテリトリーから飼い主を追い出そうとして攻撃的になることがあります。また、逆に飼い主への依存性が高くなるという事があるようです。依存性が高くなると、不安感の強い性格になりやすくなってしまいます。どちらの場合でも、シツケはやり辛くなってしまう恐れがあるのです。

犬と寝室を共にする場合は室内環境の衛生面に注意

しかし、猫に添い寝されたり朝起こされる喜びは捨てがたいものがあります。犬では、仔犬の時や介護が必要になった時、寝室に犬の寝場所を設けたいという事があるでしょう。その場合には、室内環境の衛生面を維持するために、掃除を頻繁にするようにし、通風換気などにより気を配らなくてはいけません。犬のシツケ面では、犬が人のベッドの上に乗ることができても、人が寝る時には「どいて」「おりて」がちゃんとできるように教えておけばよいでしょう。

また、寝室内での犬のベッドとなるハウスの置き場所ですが、就寝時に犬が注意を引こうと声や物音を立てた瞬間、人が反射的に振り向いても視線が交わらない位置に配置するとより良いでしょう。

profile
金巻とも子/一級建築士
大手建設会社にて集合住宅を中心に企画設計・施工管理などを担当。独立後は設計業務のほか、動物との暮らしをテーマに建築コーディネーターとして常に第一線で活躍されています。
(金巻先生には、東リ「犬家猫館」 の製品開発の際にもさまざまなアドバイスをいただいております)
金巻とも子
 金巻先生が本を出版されました!
・「マンションで犬や猫と上手に暮らす」
犬・猫の気持ちで住まいの工夫 ・「犬・猫の気持ちで住まいの工夫」

単なるペットのトラブル対策に終わらないしつけやトレーニングも踏まえながらのアドバイスが満載。かわいいイラストも◎。
彰国社刊 定価(本体 1,600円+税)


  • バックナンバーをみる→
  • カテゴリ一覧をみる→