うちの子ともっと快適に、もっと楽しく暮らす総合情報サイト 犬家猫館.COM

 
 

金巻先生のわんだふるな住まいの知識

犬家猫館.com > ペットの暮らし情報 > わんだふるな住まいの知識 > 第27回 犬の居場所と風の道

第27回 犬の居場所と風の道

犬の家の中での居場所の注意として、窓の付近は避けましょうとお話して来ました。窓は外の音の侵入口であり、一日の中での寒暖の差の激しい場所でもあるからです。しかし、窓はむやみに避けるだけでなく、通風・換気のために上手に活用したいアイテムでもあります。

住まいは夏向きを中心に考える

通風・換気はカビなどの繁殖を抑え、臭いの定着も防ぐので、特に動物と室内で暮らすためには重要です。換気は機械式換気システムでも可能ですが、通風としては不完全。通風は特に暑い季節の室内環境にとっては重要です。
古来より「住まいは夏向きを中心に考えるのがよい」と言われます。寒さは暖房などでどうにかやり過ごせても、暑さはそう簡単に耐えられるものではないからです。特に犬は比較的暑さに弱い生き物ですから、「暖かさ」より「涼しさ」に配慮する必要があります。

家の中の「風の道」をしっかり考えましょう

空気を冷やす事ばかりが涼を感じる方法ではありません。体に風を感じることでも涼しさを感じることができます。そのためには、基本は窓から自然な風を室内に呼び寄せること。機械的冷房だけに頼ると冷やしすぎなどの問題がおきやすいですが、室内に自然な風が流れるように計画がされていれば、空気を冷やしすぎず健康的に涼みを取ることができます。家の中の「風の道」をしっかり考えましょう。
空気は冷たいと低い位置にあり、温まると上っていくという性質があります。この性質を利用し、低い位置の窓から涼しい空気を取り入れ、室内で温まった空気は高い位置の窓から排気できるようにと窓が配置されていると、自然と室内に心地よい風の流れがおきます。犬の休む場所にも涼しい空気が流れるようにしてあれば、暑くなる季節でも快適に過ごさせてあげられます。

窓の外の庭周りの環境にも配慮が必要

さらに、効果的に涼気を取り入れるには、窓の外の庭周りの環境にも配慮が必要です。窓先の地面は土や芝にしておくなど温度が上がらないようにし、また周辺に木陰を作っておく事が効果的です。ただし、植栽にも風通しを良くしておきましょう。庭で通気が悪くカビた空気を作ってしまっては、健康な空気を引き入れた事にならないからです。
また、先に挙げてますように、道路などの騒音が入りやすい位置の窓は犬の居場所には向きません。そして、窓を閉めた時には、しっかり冷気の遮断ができるようにカーテンなどの工夫もしておきましょう。

profile
金巻とも子/一級建築士
大手建設会社にて集合住宅を中心に企画設計・施工管理などを担当。独立後は設計業務のほか、動物との暮らしをテーマに建築コーディネーターとして常に第一線で活躍されています。
(金巻先生には、東リ「犬家猫館」 の製品開発の際にもさまざまなアドバイスをいただいております)
金巻とも子
 金巻先生が本を出版されました!
・「マンションで犬や猫と上手に暮らす」
犬・猫の気持ちで住まいの工夫 ・「犬・猫の気持ちで住まいの工夫」

単なるペットのトラブル対策に終わらないしつけやトレーニングも踏まえながらのアドバイスが満載。かわいいイラストも◎。
彰国社刊 定価(本体 1,600円+税)


  • バックナンバーをみる→
  • カテゴリ一覧をみる→