うちの子ともっと快適に、もっと楽しく暮らす総合情報サイト 犬家猫館.COM

 
 

金巻先生のわんだふるな住まいの知識

犬家猫館.com > ペットの暮らし情報 > わんだふるな住まいの知識 > 第28回 猫を室内でも退屈させない

第28回 猫を室内でも退屈させない

猫を室内で安全に遊ばせるために」でも取り上げましたように、猫にとって住環境の質」は大変重要です。特に完全室内飼育の子では、室内だけで運動も済ませなくてはいけません。そこで、「キャットウォーク」や「キャットタワー」など、上下運動ができて空間を立体的に楽しむ猫用のアスレチックを作ってあげたいものです。

猫の習性に合った住環境づくり

猫は自分のテリトリー内に入ってくる獲物を待つ「待ち伏せ型」の狩をしてきた動物です。自然の中で、木の上などは大きな捕食動物から身を隠せる安全な場所です。そして、下を通る獲物を待ち伏せするのにも丁度良い隠れ場所でした。キャットアスレチックは、こういった環境を模して場所を作りこんであげると喜ばれます。
しかし、「室内で見晴らしのいい場所に上がる」という事が、逆に刺激を減らしてしまい、「退屈」というストレスになってしまうという場合があります。これは、ワンルームに生活空間が制限されている場合などに多く起こります。

猫にとっての住環境の質を高めるためには

基本的に、猫の生活空間は2部屋以上(頭数+1)が必要です。ワンルームでの生活でも立体的に空間を活用させる事で住環境の質を補ってあげられますが、一つ注意が必要です。生活空間が一目で見渡せてしまう状態だと、猫には退屈になってしまうのです。
住環境の質を高めるためには、猫が「立体的に暮らせる」といった事だけでなく「空間を増やす」といった視点で工夫をしてあげましょう。
室内の「猫にとっての空間」を増やす方法は、見晴らしの良い高い場所に上っても、そこから一旦降りたり回り込まないと見えない、というスペースを作ってあげる事。猫の視線を遮るように、棚やソファーなどの家具の位置を配置するだけでも、猫にとっては空間が増えるわけです。

猫にとっての魅力的な家具とは

プチ模様替えができるように、移動できる家具や市販のロータイプのキャットタワーを取り入れる事もお勧めしてきました。大規模な模様替えはストレスになりますが、室内の見え方をほんの少し変化させる事は、猫の生活に新鮮さを与えてくれることになります。
猫にとっての魅力的な家具は、キャットアスレチックなどの背の高いものばかりではありません。林の木々の間を通るような狭い路地空間も大好きです。段ボール箱を重ねて作る簡易のアスレチックもお薦めです。段ボールは爪とぎにも好まれる素材ですし、古くなったら作りなおし、簡単な部屋の模様替えにもなるからです。

profile
金巻とも子/一級建築士
大手建設会社にて集合住宅を中心に企画設計・施工管理などを担当。独立後は設計業務のほか、動物との暮らしをテーマに建築コーディネーターとして常に第一線で活躍されています。
(金巻先生には、東リ「犬家猫館」 の製品開発の際にもさまざまなアドバイスをいただいております)
金巻とも子
 金巻先生が本を出版されました!
・「マンションで犬や猫と上手に暮らす」
犬・猫の気持ちで住まいの工夫 ・「犬・猫の気持ちで住まいの工夫」

単なるペットのトラブル対策に終わらないしつけやトレーニングも踏まえながらのアドバイスが満載。かわいいイラストも◎。
彰国社刊 定価(本体 1,600円+税)


  • バックナンバーをみる→
  • カテゴリ一覧をみる→