うちの子ともっと快適に、もっと楽しく暮らす総合情報サイト 犬家猫館.COM

 
 

金巻先生のわんだふるな住まいの知識

犬家猫館.com > ペットの暮らし情報 > わんだふるな住まいの知識 > 第30回 ペット専用収納

第30回 ペット専用収納

犬や猫が独りで遊べる頭を使うタイプの面白いオモチャは、お留守番の時に退屈させないという事だけでなく、頭のトレーニングとしても期待できます。しかし、こんなため息交じりの悩みも耳にします。

オモチャにもランクを付けて入れ替えを

「どんな“面白い”って評判のオモチャも、うちの子、すぐ飽きちゃって駄目なの」 独りでお留守番が多いという犬の飼主さんに多い悩みですが、実は犬だけでなく猫にもよくある相談です。特別そのコが“飽き症”というわけではありません。どういったオモチャの遊び方、与え方をしているかを見直す必要があります。

どんなに美味しいオヤツでも、毎日食べていれば飽きてしまうのと同じです。オモチャにもランクを付けて、特別に面白いオモチャは特別な時、つまり独りでお留守番の時などにしか遊ばせない様にすることです。普段使いのお気に入りのオモチャも2セットぐらいに分け、日によって入れ替えてあげるとより飽きにくくなります。

勝手に取り出せないように収納すること

そして、大切な事は、オモチャを勝手に犬猫が取り出せない様に収納すること。遊びにも人がリーダーシップをもっていることが大切な犬にとって、これは重要です。普段使いのオモチャは、人がサッと取りやすく、かつ、犬猫には届きにくいように、人の腰の位置以上の高さに収納しましょう。引出なら低い位置にあっても犬猫には開けにくそうですが、そうでもありません。そのため、私が引出をつくる時には、勝手に開けられないよう、少々造りに工夫をほどこしています。

オモチャは主に口にくわえるものですから、収納している間に雑菌が繁殖しないよう、衛生管理のために収納内部にも通気を良くしておく必要があります。

専用のクローゼットも用意しておきましょう

また、犬と猫の専用のクローゼットも用意しておきましょう。ジャケットなどはオシャレというだけではなく、必要な場合があります。たとえば、高齢になると暑さ寒さに弱くなり、冬のお散歩が辛くなりますが、ジャケットでカバーしてあげる事ができます。また、公共の交通機関を使う時などは、ジャケットを着せる事が抜け毛防止にもなり、周囲の方への配慮にもなるのです。

ただし、犬の服は体臭が残りやすいものです。オモチャの収納と同様に、クローゼットも通気があるようにするか、できるだけ余裕のある収納空間にしましょう。

profile
金巻とも子/一級建築士
大手建設会社にて集合住宅を中心に企画設計・施工管理などを担当。独立後は設計業務のほか、動物との暮らしをテーマに建築コーディネーターとして常に第一線で活躍されています。
(金巻先生には、東リ「犬家猫館」 の製品開発の際にもさまざまなアドバイスをいただいております)
金巻とも子
 金巻先生が本を出版されました!
・「マンションで犬や猫と上手に暮らす」
犬・猫の気持ちで住まいの工夫 ・「犬・猫の気持ちで住まいの工夫」

単なるペットのトラブル対策に終わらないしつけやトレーニングも踏まえながらのアドバイスが満載。かわいいイラストも◎。
彰国社刊 定価(本体 1,600円+税)


バックナンバーをみる→