うちの子ともっと快適に、もっと楽しく暮らす総合情報サイト 犬家猫館.COM

 
 

金巻先生先生のわんだふるな住まいの知識

犬家猫館.com > ペットの暮らし情報 > わんだふるな住まいの知識 > 第32回 窓辺に猫の寛ぐスペースを

第32回 窓辺に猫の寛ぐスペースを

猫は自分のテリトリーの木の上や草むらに隠れ、そこへ獲物がやってくるのをじっと待つ「待ち伏せ型」の狩りをしてきました。狩りの必要のない家猫になっても、遊びや生活空間の中に、同じような環境と刺激を求めます。眺めのいい場所に登り、穴や狭い隙間をすり抜けるといった行動をさせてあげたいものです。

猫アスレチック

「猫を室内で安全に遊ばせるために」で、猫にとってアクティブな空間を室内につくり、室内飼育でも安全に「退屈」と「運動不足」を防ぐ方法をお話しました。天井近くに猫が歩く通路(キャットウォーク)、階段・よじ登り柱などです。私はこういった猫用の活動アイテムを総じて猫アスレチックと呼んでいます。猫アスレチックは、猫のために室内の工夫をしようとすると最初に思いつくアイテムですが、大がかりになりがちで、現状の部屋が狭いと人が感じていると、作るのはためらってしまうもの。

窓辺が猫の生活空間を増やしてくれる

しかし、そんな時こそ窓を見直してみましょう。窓から見える外の空間も、猫にしてみればテリトリーの一部です。室内が狭くても、窓辺が猫の生活空間を増やしてあげることができます。窓から眺める木々や風で、季節の移り変わりを感じるのは猫の心の健康に大切なこと。窓から外を眺めるのは、犬にはあまりお勧めできないことですが、猫には反対で心のよい刺激になるのです。日向ぼっこも大切な日課です。出窓があるようでしたら、猫の日向ぼっこのためにもスペースを空けておいてあげて欲しいものです。人の膝から上の高さにある出窓は、踏まれたりする心配もないので、室内で人と暮らす猫にとっては安心な場所。上下運動もできて寛げもするということで、低めな猫用アスレチックになるとも言っていいでしょう。

腰窓にカウンターを

カウンター出窓がなくても、腰窓にカウンターをつけてあげれば猫にとって機能は同じです。カウンター下も使って、猫の箱状のベッドにしてあげもいいでしょう。
高い位置に出窓や出窓カウンターがある時、踏み台のようなものをもうけて、安全に上り下りのできるようにしておきましょう。猫も歳をとると脚力が弱くなってきて、若い時に楽にジャンプしていた場所も、昇り降りがしにくくなってしまうのです。
部屋に掃き出し窓しかない場合でも、窓横に棚などを置くことなどをしてあげればいいでしょう。窓際ならば、腰高程度の小さな家具であっても楽しさ倍増です。窓の眺め方に高さに変化を持たせるのが、刺激を増やして上げるコツ。上手に家具配置をして小さなアスレチックを120%楽しませてあげましょう。

profile
金巻とも子/一級建築士
大手建設会社にて集合住宅を中心に企画設計・施工管理などを担当。独立後は設計業務のほか、動物との暮らしをテーマに建築コーディネーターとして常に第一線で活躍されています。
(金巻先生には、東リ「犬家猫館」 の製品開発の際にもさまざまなアドバイスをいただいております)
金巻とも子
 金巻先生が本を出版されました!
・「マンションで犬や猫と上手に暮らす」
犬・猫の気持ちで住まいの工夫 ・「犬・猫の気持ちで住まいの工夫」

単なるペットのトラブル対策に終わらないしつけやトレーニングも踏まえながらのアドバイスが満載。かわいいイラストも◎。
彰国社刊 定価(本体 1,600円+税)


  • バックナンバーをみる→
  • カテゴリ一覧をみる→