うちの子ともっと快適に、もっと楽しく暮らす総合情報サイト 犬家猫館.COM

 
 

金巻先生先生のわんだふるな住まいの知識

犬家猫館.com > ペットの暮らし情報 > わんだふるな住まいの知識 > 第33回 音がストレスにならないために 窓編

第33回 音がストレスにならないために 窓編

犬や猫がお家の中でもなんとなく落ち着きがない、「吠え癖がある」という困りごとがあるようでしたら、シツケや健康状態だけでなく、お部屋の中にその原因があるかどうかもジックリ見回してみてください。臭いや光など、意外なものがお部屋の中でストレス要因になっている事があるもの。音環境もその大きな要素です。

窓から入ってくる音がストレスに

「我が家」の中は寛ぐ場所。そこへ不作法に入ってくる見えない侵入者がいますが、音もその一つです。不審な音が、驚きや恐怖といったストレスになり、吠えるきっかけになっている場合もあるわけです。こういったストレスを減らすためには、色々な音に慣れていくという学習が必要とされています。しかし、学習するだけでなく、原因そのものをできるだけ減らしてあげるという処置も住まいには必要でしょう。「我が家」ではできるだけゆっくり寛げる環境にしておきたいのは、人も犬猫も同じです。ちょっとした住まい方の配慮で住まいやすさが随分とかわるので、工夫してあげましょう。

カーテンのチョイスもとても大切

カーテンのチョイスまずは開口部です。家の外の音は多くが窓から入って来るもの。窓に防音性を持たせるだけでなく、カーテンのチョイスも大切なのです。素材は軽いものより重めのものにすること。重いモノの方が、音のエネルギーを失わせるには効果があるからです。外から入ってくる音を遮断してくれます。さらに、やわらかく厚みのある素材なら、外からの音だけでなく、「我が家」から出す音を吸収してくれるので、御近所への配慮にもなります。シツケの途中時期や仔犬が来た時、すぐやれて重宝する工夫です。
犬だけでなく、おしゃべりで大声な猫に困っている飼主さんも、意外と結構多いものです。こういった猫の大きな声は高めの音域で、大きな布地のカーテンは吸音に効果的。ダックスフントなどの低くい声で吠えるコの場合には、さらに、ドレープカーテンのドレープ(ヒダ)を多めにしたり、カーテンを二重にするといいでしょう。カーテンで防音空気層状態をつくるわけです。

窓以外の開口部も防音性のあるものを

ただ、窓からだけでなく、外気を取り入れるための吸気レジスターや換気扇、扉などの開口部からの音漏れしますから、全く音を遮断できるわけではありません。こういった開口部も防音性のあるタイプにしておくとよいですが、既存の機器の場合なら、花粉や防塵用のフィルターをする事でも多少の効果があるようです。フィルターを助っ人として検討するなど、小さな配慮にも気を配りましょう。

profile
金巻とも子/一級建築士
大手建設会社にて集合住宅を中心に企画設計・施工管理などを担当。独立後は設計業務のほか、動物との暮らしをテーマに建築コーディネーターとして常に第一線で活躍されています。
(金巻先生には、東リ「犬家猫館」 の製品開発の際にもさまざまなアドバイスをいただいております)
金巻とも子
 金巻先生が本を出版されました!
・「マンションで犬や猫と上手に暮らす」
犬・猫の気持ちで住まいの工夫 ・「犬・猫の気持ちで住まいの工夫」

単なるペットのトラブル対策に終わらないしつけやトレーニングも踏まえながらのアドバイスが満載。かわいいイラストも◎。
彰国社刊 定価(本体 1,600円+税)


  • バックナンバーをみる→
  • カテゴリ一覧をみる→