うちの子ともっと快適に、もっと楽しく暮らす総合情報サイト 犬家猫館.COM

 
 

金巻先生先生のわんだふるな住まいの知識

犬家猫館.com > ペットの暮らし情報 > わんだふるな住まいの知識 > 第34回 音がストレスにならないために 壁編

第34回 音がストレスにならないために 壁編

猫のベッドや犬のハウスを、壁に近寄せて寄せておかれている事が多いと思います。しかし、犬猫の居場所を寄せた壁の向こう側が、庭など静かな空間があればよいですが、交通量の多い道であったり、お隣のキッチンやリビングの窓が近いようなら心配です。窓などの開口部だけでなく「壁」も音や振動が伝わってくるポイントです。特に集合住宅であったなら、構造はお隣と戸境壁一枚を隔ててつながっているものですから、より注意が必要でしょう。

壁から伝わった音や振動がストレスに

例えば、犬や猫のベッドを寄せた壁の向こうがお隣のリビングだった場合。お隣のオーディオやテレビの配置によっては、その振動が壁に伝わりやすくなっています。箱状ベッドであるハウスを、隣戸壁に密着するように置いていたお宅では、お隣のオーディオの音が振動となって、壁からハウスの中に伝わっていたことがありました。ハウスが壁に接触していることで、その中では振動を感じやすくなってしまっていたのです。箱状のベッドのハウスは、寛ぎのためのお勧めアイテムなのですが、これでは中にいると落ち着けません。
ハウスを壁に近寄せて配置するには、その壁の防音性が高いことも重要ですが、まずは、ハウスを壁に密着させず、少しでも離して置くようにする事が大切です。ほんの少し離すだけでも壁からの振動が伝わらず、ハウス内の環境はだいぶ違います。

壁側には本棚を置くのがオススメ

カーテンのチョイスまた、音の影響が心配な壁側には、本棚を設ける事がお薦めです。本棚というのは、本を詰めた形で並べると質量がかなりあります。質量があるといことは遮音効果が期待できるのです。さらに、本は吸音性能があるパルプの集合体で、音を吸収してくれるという優れもの。隣の部屋からの騒音対策だけでなく、自分の部屋から出す音を減らす配慮にもなります。隣戸壁だけでなく同じ家の中でも、リビングと接した寝室などにも活用してみましょう。

天井にも防音・吸音素材を

合わせて天井ですが、防音・吸音素材を使う事で、多少の吠え声なら室内で音が響くのをが押えられてお勧めです。ご近所への音漏れも最小限にできますから、シツケの初期やお留守番で独りにしなくてはいけない時など安心です。
ただ、注意して欲しいのは、防音・遮音措置をしたからといって、猫や犬が鳴き続けているのを放置する事はやめましょう。鳴いたり吠えるのは何かのサイン。吠え続けるような場合は、犬にも相当なストレスのはず。単に無視すれば自体は複雑化し、改善が難しくなってしまいます。

profile
金巻とも子/一級建築士
大手建設会社にて集合住宅を中心に企画設計・施工管理などを担当。独立後は設計業務のほか、動物との暮らしをテーマに建築コーディネーターとして常に第一線で活躍されています。
(金巻先生には、東リ「犬家猫館」 の製品開発の際にもさまざまなアドバイスをいただいております)
金巻とも子
 金巻先生が本を出版されました!
・「マンションで犬や猫と上手に暮らす」
犬・猫の気持ちで住まいの工夫 ・「犬・猫の気持ちで住まいの工夫」

単なるペットのトラブル対策に終わらないしつけやトレーニングも踏まえながらのアドバイスが満載。かわいいイラストも◎。
彰国社刊 定価(本体 1,600円+税)


  • バックナンバーをみる→
  • カテゴリ一覧をみる→