うちの子ともっと快適に、もっと楽しく暮らす総合情報サイト 犬家猫館.COM

 
 

金巻先生のわんだふるな住まいの知識

犬家猫館.com > ペットの暮らし情報 > わんだふるな住まいの知識 > 第35回 カーテンの活用と選び方

第35回 カーテンの活用と選び方

そよぐ風や暖かな日が差し込む窓辺は、犬や猫にも気持のよい素敵な場所。しかし、窓は外部との接点であり、騒音や強い日差しなどの刺激も入ってくるといった危険もあります。そういった不快な刺激をやわらげてくれる心強いアイテムがカーテン。厚地のカーテンは不快な外部の音を遮断し、レースカーテンは室内に入ってくる直射日光をやわらかくしてくれます。

カーテンの素材選びのポイント

ただ、カーテンの素材やデザインによっては、犬猫にいたずらを誘発してしまうという、難しいアイテムです。たとえば、風でカーテンが揺れていると、犬や猫にとっては誘われているようにも感じてしまうのです。遊び盛りならその揺れるカーテンに突進してきます。それをきっかけにカーテンにじゃれついたり、登ったり。それを「面白い遊び」と覚えてしまうと、やめさせるのはかなり難しくなります。猫がよじ登ってボロボロにしてしまう、というのはよく聞く窓周りのトラブルです。

揺れるカーテンに怯える子も

カーテンのチョイスまた、この揺れるカーテンに喜ぶのではなく、怯えてしまうタイプも少なくありません。ヒラヒラとした不規則な動きに、何かいるのでは?と驚き怖がるというものです。犬ならば吠えてしまいます。それが繰り返しているうちに、吠えやすい性格につながってしまうのです。

カーテンの形状や素材を、できるだけイタズラを誘発しにくいものにしておきましょう。風で揺れてヒラつきの少ないカーテンスタイルには、ロールスクリーンやシェードといったものがあります。

厚みと重さのあるカーテンがおすすめ

なお、素材は厚みがあり、重さがあるものが望ましいです。軽すぎて風にそよぎやすくなるのを防ぐためです。ドレープカーテンの形状とするなら、この素材とする事が大変重要です。厚みのあるものを選ぼうとすると、編込みがざっくりした素材が多いので、爪が引っ掛かりやすいので猫のためにはより慎重に選びましょう。ザックリした素材だと爪の引っ掛かりができてしまいます。よじ登りやすくなるので、猫なら勝手にアスレチック替わりにしてしまいます。厚みがあっても表面がスルッとした滑らかなものは、こういった誘惑が少なく、また、掃除機で表面についた毛などを吸い取る日頃のメンテナンスもやりやすくお勧めです。

カーテンは壁面の大きな割合をしめるため、インテリアの印象を大きく左右します。気持のよい生活のための大切なポイントです。

profile
金巻とも子/一級建築士
大手建設会社にて集合住宅を中心に企画設計・施工管理などを担当。独立後は設計業務のほか、動物との暮らしをテーマに建築コーディネーターとして常に第一線で活躍されています。
(金巻先生には、東リ「犬家猫館」(R) の製品開発の際にもさまざまなアドバイスをいただいております)
金巻とも子
 金巻先生が本を出版されました!
・「マンションで犬や猫と上手に暮らす」
犬・猫の気持ちで住まいの工夫 ・「犬・猫の気持ちで住まいの工夫」

単なるペットのトラブル対策に終わらないしつけやトレーニングも踏まえながらのアドバイスが満載。かわいいイラストも◎。
彰国社刊 定価(本体 1,600円+税)


  • バックナンバーをみる→
  • カテゴリ一覧をみる→
↑ページのTOPへ