うちの子ともっと快適に、もっと楽しく暮らす総合情報サイト 犬家猫館.COM

 
 

金巻先生のわんだふるな住まいの知識

犬家猫館.com > ペットの暮らし情報 > わんだふるな住まいの知識 > 第36回 スツールを使った隠れ場所

第36回 スツールを使った隠れ場所

来客などで家の中が普段と違う空気に包まれる時、犬や猫もその気配に反応します。興奮してちょっとウロウロしたり、猫などはどこかに隠れてしまって出てこないというものもよくあることです。

犬や猫には安全な「隠れ家」が必要

犬や猫に安全な「引きこもりスペース」が必要であることを、「和室に入りたがる犬や猫の行動について」でお話しました。私達人間はもちろん、犬や猫達も環境に違和感を感じた時、もぐり込むような狭い場所にいると安心できるからです。この誰からもちょっかいをかけられないような狭い場所で、ゆっくり気持を落ち着かせ、状況を判断したりなど心の準備ができるというわけです。「隠れ家」というともう少しわかりやすいかもしれません。犬や猫達には寝場所が主な隠れ家になります。

寝床以外のミニ「隠れ家」を確保してあげましょう

お家の中での家族の共有スペースとなるリビングにも、寝床以外のミニ「隠れ家」を確保してあげると、もっと喜ばれます。

来客の相手をしていると怖がって隠れていたのに、いつの間にかイスや家具の影から犬家猫達が様子をうかがっている、というのは珍しくありません。また、見知らぬ(不審な)来客が怖くてしかたないのに、ビクビクしながらも飼主さんの座っているイスの下にもぐりこみ、その場に同席しようとするコもいますね。こういった「ちょっぴり怖いけど、気になるから見ていたい」と観察する気持は、私達にも理解できる感覚ではないでしょうか。体の小さな犬や猫たちには、リビングの中のソファーやイスの下であっても、守ってくれる飼主さんに守られているような形になっていれば、安全な「隠れ家」になるわけです。

スツールの一部を犬猫用の「隠れ席に」

スツールの一部を隠れ家にある来客の多いお宅で、収納の機能があるスツール(腰掛け)の一部を、犬と猫用の来客時用の「隠れ席」となるように造ってみました。飼主さんの座る席下に、クッションを敷きこんだハウスのようにしたものです。飼主さんが腰掛けると、自然と犬も猫もそのスペースに入るようになり、普段から一緒に寛ぐようになりました。来客時の避難用のつもりでしたが、普段使いにも最適だったようです。

犬や猫がもぐり込めるスペースのあるソファーを造るとなると大がかりですが、簡易な方法もあります。飼主さんが寛ぐ席のすぐ横や足もとに、もぐり込める箱を置いておくことでも「飼主の足元の守られた隠れ家」という環境には変わりありません。市販でも、一見オットマンに見えるような「人も腰掛けられるハウス」がありますので、インテリアに合わせて取り入れてあげるとよいでしょう。

profile
金巻とも子/一級建築士
大手建設会社にて集合住宅を中心に企画設計・施工管理などを担当。独立後は設計業務のほか、動物との暮らしをテーマに建築コーディネーターとして常に第一線で活躍されています。
(金巻先生には、東リ「犬家猫館」(R) の製品開発の際にもさまざまなアドバイスをいただいております)
金巻とも子
 金巻先生が本を出版されました!
・「マンションで犬や猫と上手に暮らす」
犬・猫の気持ちで住まいの工夫 ・「犬・猫の気持ちで住まいの工夫」

単なるペットのトラブル対策に終わらないしつけやトレーニングも踏まえながらのアドバイスが満載。かわいいイラストも◎。
彰国社刊 定価(本体 1,600円+税)


  • バックナンバーをみる→
  • カテゴリ一覧をみる→
↑ページのTOPへ