うちの子ともっと快適に、もっと楽しく暮らす総合情報サイト 犬家猫館.COM

 
 

金巻先生のわんだふるな住まいの知識

犬家猫館.com > ペットの暮らし情報 > わんだふるな住まいの知識 > 第38回 窓辺から快適安全に

第38回 窓辺から快適安全に

窓辺を内外で工夫して涼しくするという提案を「庭先からも窓辺を快適に」(第37回)で提案しました。外気温が26度以下であれば窓からの風での涼をとる工夫もできますが、真夏日ではやはり窓を閉めて冷房をつける事が多くなります。猛暑続きでの近年は、冷房に頼る期間も増えています。より冷房効率を上げるには、遮光性の高いドレープカーテンを閉めると言った方法がありますが、これでは日中も真っ暗になってしまいます。そこで、有効に活用して欲しいのがレースカーテンです。

おすすめはレースのカーテン

レースカーテンなら、閉めていても日差しは入ってきますので、部屋が真っ暗ということはありません。さらに、遮熱性とUVカットの機能性レースを選ぶと効果的です。遮熱性というのは繊維に特殊加工をするなどして、日射を反射して部屋の温度の上昇を下げる効果を高めたものです。遮熱性のあるレースは、光は反射しますが風は一般レースと大きく違いがあるものではありません、窓を開けての通気をしている時は、日差しの強い時間帯はレースカーテンが活躍してくれそうです。

窓からの遮熱・紫外線対策も

エアコンで冷房していても、落雷などで想定外の停電も起こります。留守時の万が一の停電対策として、体を冷やすグッズを用意しておくのは大切です。合わせて、部屋の温度が急激に上がらないよう、冷やしておいた空気温度を維持するために、窓からの遮熱対策もしておくとよいでしょう。

UVカットの機能のあるものは、遮光カーテンなどでもあります。室内の床や壁の紫外線による劣化を防げますし、人や動物も紫外線対策をすることができます。紫外線対策は健康管理で重要視されています。室内は関係ないように思いますが、日本はその気候の特徴から、窓を大きくとって日差しと風とを取り入れる住まいの作り方が主流です。窓が大きいのですから室内でも紫外線にあたる確率は高いのです。窓ガラスを閉めていても、日差しとして紫外線の多くは入ってきます。

紫外線にはA波とB波が

紫外線には種類があり、主に地上の動物達に影響があるのは波長の長いA波と短いB波です。ガラスの種類によりますが、窓ガラスによってB波はだいぶ遮断されます。しかし、A波はガラスを通過します。健康的な日焼けとなると思われていたA波ですが、A波は波長が長いために、皮膚の深い場所にまでダメージを与え、老化の要因でもあります。

今、犬や猫も高齢化に伴って癌の疾病が増えています。日焼けによる水ぶくれや急激なダメージはB波によるものですが、A波にも長期さらされていると、慢性の日光性皮膚炎となり癌へと悪化してしまいます。そのため、人も動物も高齢者ほど紫外線対策に配慮すべきと言えます。また、猫では白い猫、犬では種にも左右されますが、白い毛の犬は黒い毛の犬より紫外線の影響を受けやすいので、より、注意をしてあげたいものです。

profile
金巻とも子/一級建築士
大手建設会社にて集合住宅を中心に企画設計・施工管理などを担当。独立後は設計業務のほか、動物との暮らしをテーマに建築コーディネーターとして常に第一線で活躍されています。
(金巻先生には、東リ「犬家猫館」(R) の製品開発の際にもさまざまなアドバイスをいただいております)
金巻とも子
 金巻先生が本を出版されました!
・「マンションで犬や猫と上手に暮らす」
犬・猫の気持ちで住まいの工夫 ・「犬・猫の気持ちで住まいの工夫」

単なるペットのトラブル対策に終わらないしつけやトレーニングも踏まえながらのアドバイスが満載。かわいいイラストも◎。
彰国社刊 定価(本体 1,600円+税)


  • バックナンバーをみる→
  • カテゴリ一覧をみる→
↑ページのTOPへ