うちの子ともっと快適に、もっと楽しく暮らす総合情報サイト 犬家猫館.COM

 
 

金巻先生先生のわんだふるな住まいの知識

犬家猫館.com > ペットの暮らし情報 > わんだふるな住まいの知識 > 第39回 トイレの工夫 犬編

第39回 トイレの工夫 犬編

室内で犬と暮らす、となって誰もが苦労するのはトイレのしつけです。排泄は室外に出すことにしようと人が決めても、当の犬にその決まりを理解してもらうには、それなりにトレーニングが必要となります。ハッと気が付いた時には室内で排泄されてしまった、という失敗が多いもの。特に初心者飼主はトレーニングにてまどり、何度も失敗してしまいます。しつけのコツは成功の回数を増やす事ですが、裏を返せば、失敗する回数が多いほど、しつけが難しくなるわけです。失敗を減らす工夫を住まいでもしてあげましょう。

サークル内にはトイレスペースが置ける広さを確保

まずは、トイレトレーニングが終わるまでは室内にもトイレを確保しましょう。「躾のしやすい住環境をつくるポイント」(第3回)でも提案した、「サークル内にはトイレスペースが置ける広さを確保」というものです。
部屋中を犬が自由に動けていれば、ウッカリ目を離したすきに排泄されてしまいますが、排泄したいタイミングにサークルの中にいたのなら、その範囲内で犬にとって快適な場所で排泄します。排泄のタイミングは、仔犬なら寝起きや食事の後などです。

犬にとって適切な排泄場所とは

では、犬にとってサークル内でどこが適切な排泄場所に思えるのでしょうか。犬にとって、寝床以外は家の内外を問わず排泄場所となります。しかし、寝床や食事をする場所からはできるだけ離れた場所でしたいのです。この習性を利用して、サークル内で寝床から離した場所にトイレシーツを敷いてあげれば、自然とトイレシーツの上でトイレをするようになります。トイレシーツの上で排泄した時に「いいこね」とほめてあげると、「排泄の場所はトイレシーツ」と犬に無理なく覚えてもらえます。

住まいに合わせて位置関係を工夫しましょう

トイレスペースとフリースペース簡単そうですが、失敗している方も多いようです。例えば、シーツの上の排泄に成功しても、その排泄物を踏んで歩いてサークル内が汚れてしまう、といったものです。これは、広さとトイレの位置のポイントを押さえられていないからです。サークルが狭すぎていると、動く場所がたりなくてトイレスペースに入ってしまうのです。ですから、寝床とトイレスペースの間には寝床より一回り広い程度のフリースペースをもうけましょう。

また、トイレスペースとフリースペースの広さが十分でも、それが横並びであったりすると、トイレスペースで排泄しにくくなります。できるだけ寝床やハウスの入口からまっすぐ行ける場所にしておくと犬にはわかりやすくなります。既成商品のサークルサイズにとらわれやすいですが、スペースの確保が難しい場合は、サークルが細長くなっても犬としてはかまいませんから、住まいに合わせて位置関係に工夫してみましょう。

profile
金巻とも子/一級建築士
大手建設会社にて集合住宅を中心に企画設計・施工管理などを担当。独立後は設計業務のほか、動物との暮らしをテーマに建築コーディネーターとして常に第一線で活躍されています。
(金巻先生には、東リ「犬家猫館」(R) の製品開発の際にもさまざまなアドバイスをいただいております)
金巻とも子
 金巻先生が本を出版されました!
・「マンションで犬や猫と上手に暮らす」
犬・猫の気持ちで住まいの工夫 ・「犬・猫の気持ちで住まいの工夫」

単なるペットのトラブル対策に終わらないしつけやトレーニングも踏まえながらのアドバイスが満載。かわいいイラストも◎。
彰国社刊 定価(本体 1,600円+税)


  • バックナンバーをみる→
  • カテゴリ一覧をみる→
↑ページのTOPへ