うちの子ともっと快適に、もっと楽しく暮らす総合情報サイト 犬家猫館.COM

 
 

金巻先生先生のわんだふるな住まいの知識

犬家猫館.com > ペットの暮らし情報 > わんだふるな住まいの知識 > 第42回 ペットゲートの配慮

第42回 ペットゲートの配慮

第5回(「住まいの中で気を付けたい“危険”」)や第17回(「扉の安全の工夫」)の中で、住まいの中の危険防止のために、立ち入り禁止区域はしっかり仕切る必要性があり、そのためのアイテムの一つが「ペットゲート」であるとご紹介しました。住まいのペットグッズが少なかった時代には、子供用の「チャイルドゲード」を転用していたことも多かったですが、今は沢山のペットゲート商品があり便利になりましたね。

「防ぐ→乗り越える」のイタチゴッコにならないために

便利になったように感じはしますが、一方、ゲートをつけてもよじ登って越えてしまうとか、走り高跳びで飛び越えるなど、ゲートという障害に果敢に挑もうという犬猫の"勇士"?が出てきてしまうこともあり、その効果にはムラがあるようです。つまり、「ただつければいい」というアイテムではないわけです。設置する適所はもちろんの事、ルールを教えるという事も合わせて行わなくては、「防ぐ→乗り越える」というイタチゴッコになってしまうということを認識しておきましょう。

イタチゴッコにならないためにするべきなのは、主なポイントは2つ。

1.登らせない
犬や猫が足をかけられるような横桟パーツが下部にないこと。格子デザインならば、基本的にタテ桟となるようにしましょう。チャイルドゲートを転用している場合、下部がくぐれるような状態のものが多くあるので、市販品を利用でも必ずペット用品から選びましょう。

2.高跳びさせない
廊下につける場合は、助走距離がとれない配置で設置しましょう。高跳びするのは、特にマンションなどで、細長い廊下から玄関扉に一直線になっている廊下に多いようです。魅力的な目標物(飼い主が帰ってくる扉)と、助走がしやすい、という条件がそろっているからです。

その他、いくつかの条件と背景が重なって起きるものなのですが、最低上記2点は気をつけましょう。

ルールを徹底しましょう

その他の背景の一例としては。犬の成長に合わせて、または飛び越えられたために高さを次々と高くしていった、というものです。こういう流れを作ってしまうと、犬猫にチャレンジ魂に火を着け、こまった"勇士"にしてしまいやすくなるというものです。

窓前に最適な高さの低いゲートその他の背景は、多くがルールを徹底しない飼い主側に問題があるようです。場所の制限をしようとして単にゲートを高くしたりしてみても、生活としての根本的な解決になっていません。
まずは、「このゲートは、向こう側に勝手に出入りしてはいけない、という印だからね」という事を日ごろのシツケで徹底認識させましょう。この認識ができていれ、低いゲートでも「制限区域」という機能は十分発揮されます。低いゲートは、視界を遮らないので人の室内での快適性を上げるため、窓前での使用に効果的です。

profile
金巻とも子/一級建築士
大手建設会社にて集合住宅を中心に企画設計・施工管理などを担当。独立後は設計業務のほか、動物との暮らしをテーマに建築コーディネーターとして常に第一線で活躍されています。
(金巻先生には、東リ「犬家猫館」(R) の製品開発の際にもさまざまなアドバイスをいただいております)
金巻とも子
 金巻先生が本を出版されました!
・「マンションで犬や猫と上手に暮らす」
犬・猫の気持ちで住まいの工夫 ・「犬・猫の気持ちで住まいの工夫」

単なるペットのトラブル対策に終わらないしつけやトレーニングも踏まえながらのアドバイスが満載。かわいいイラストも◎。
彰国社刊 定価(本体 1,600円+税)


  • バックナンバーをみる→
  • カテゴリ一覧をみる→
↑ページのTOPへ