うちの子ともっと快適に、もっと楽しく暮らす総合情報サイト 犬家猫館.COM

 
 

金巻先生先生のわんだふるな住まいの知識

犬家猫館.com > ペットの暮らし情報 > わんだふるな住まいの知識 > 第43回 音がストレスとならないために 押し入れとハウス編

第43回 音がストレスとならないために 押し入れとハウス編

押し入れや収納を、猫のベッドや犬のハウスとして活用する方法も広まってきたようです。インテリアとしても犬のハウスやトイレを隠せてデザイン性も上がりますが、犬猫にとっては収納を居室に機能変更するのと同じことなので、いくつかの注意や配慮が必要です。

あるお宅の場合…排水管が犬のストレスに

パイプスペースの位置を確認 あるお宅の場合はマンションで、コンパクトな空間を上手に使おうと、押し入れの下段を利用して犬のハウスとして活用していました。天井が低くてある程度の広さが確保できる押し入れは、犬にとって穴倉形状で最適な形です。

ただ、このお宅が利用していた押し入れの奥には、実はマンションの上下階で共有する排水のタテ管のスペースがあったのです。これが犬にとって音のストレスとなっており、ハウスに入っていても落ち着けていない状態にとなっていたようです。

犬猫が静かに休めるように配慮を

マンションという集合住宅では、壁や床などの構造だけでなく、排水などの設備も共有しています。建築上の配慮として、トイレや生活排水が使われるたびに排水音があるので、パイプスペースは防音処置を施します。なおかつ、寝室等に接する場合は収納の奥に配置するなど、より音が気にならないようにするのが一般的です。

ですから、犬や猫に対しても、寝場所は静かに休めるようにしなくてはいけません。犬猫にもそこが居室になるのです。ですから、居室にあるパイプスペースには収納などの緩衝スペースを設けるなどして、極力放して設置する必要があるわけです。戸建でも上階の水回りの給排水のタテ管のためのパイプスペースが室内にあることもあるので、この場合も配慮は同じです。

音による犬猫のストレスを防ぐために

リフォームして犬猫のハウススペースを造ろうと考えられている時には、音のストレスを起こさないために、ご自宅のどこに共用の設備配管がされているか確認してみることをお勧めします。

また、押し入れは収納の下部をハウスとして活用する工夫は、周辺や外観がすっきりする半面、小さく奥まった形状になるため、内部の通気・換気がしにくい、掃除がしにくいというデメリットもあります。音だけでなく、熱や臭いがこもらない、掃除のしやすさといった点にも注意して計画しましょう。

profile
金巻とも子/一級建築士
大手建設会社にて集合住宅を中心に企画設計・施工管理などを担当。独立後は設計業務のほか、動物との暮らしをテーマに建築コーディネーターとして常に第一線で活躍されています。
(金巻先生には、東リ「犬家猫館」(R) の製品開発の際にもさまざまなアドバイスをいただいております)
金巻とも子
 金巻先生が本を出版されました!
・「マンションで犬や猫と上手に暮らす」
犬・猫の気持ちで住まいの工夫 ・「犬・猫の気持ちで住まいの工夫」

単なるペットのトラブル対策に終わらないしつけやトレーニングも踏まえながらのアドバイスが満載。かわいいイラストも◎。
彰国社刊 定価(本体 1,600円+税)


  • バックナンバーをみる→
  • カテゴリ一覧をみる→
↑ページのTOPへ