うちの子ともっと快適に、もっと楽しく暮らす総合情報サイト 犬家猫館.COM

 
 

金巻先生先生のわんだふるな住まいの知識

犬家猫館.com > ペットの暮らし情報 > わんだふるな住まいの知識 > 第44回 防災対策にハードクレート

第44回 防災対策にハードクレート

先の大震災から、改めて日頃の防災が叫ばれています。犬や猫達の防災も忘れず備えておきましょう。

室内での犬猫の防災計画

大きな地震では激しい揺れで家の中がかき回される状態となり、家具や室内にある物が周辺にあるものだけでなく、遠くにあるものまで飛ぶように降ってきたりします。

「地震の時、テーブルの下に入る」というような知識は犬猫にありません。怯えて走り回って、落下物や倒れた家具でケガをする可能性があります。大きな揺れや音でパニックとなり家から飛び出す、家の中にいても隠れて出てこない、という問題もあります。

体だけでなく心の負担もあります。災害に陥った時、その状況判断を犬猫はニュースや言葉での説明で理解できません。恐怖感から解放されるのは時間がかかるでしょう。こういったパニック状態でも落ち着いて避難できるよう、恐怖感の軽減と事故や逃走防止に対する備えを日頃の生活環境で作っておくことが、犬や猫がいる家庭では大切です。

実は、室内での犬猫の防災計画で、すぐできて安全率の高いオススメなアイテムが身近にあります。

日頃から安全な隠れ場所として

犬猫共に安心できる隠れ場所(寝場所)として、「ハウス」が重要であることは、何度かお話してきました。安心できる隠れ家とするには「巣穴」形状で体がすっぽり入る程度の、大きすぎない小さすぎない大きさであることでしたね。それに丁度いいものが、普段は病院などへの移動に使われている「バッグ」や「クレート」です。犬猫がいれば、1つは家にあるはずです。これを普段から魅力的な「隠れ場所」として活用していれば、安全確保と即時避難という防災対策ができてしまうのです。

地震などの大きな恐怖感を感じた時、犬猫は自分から「日頃から安全な隠れ場所」へ飛び込んで隠れます。隠れ家がハードクレートなど硬くて丈夫なものであれば、飛来する落下物にからカバーしてくれます。とっさに避難が必要な場合でも、隠れたコを探す手間は省けるので、手間取ることなく避難ができます。

バッグをベッドとして兼用してみましょう

カウンター下や収納の一部を犬猫用のスペースに確保するよう作ってあると、ベッドを屋根のないものにしている事が多いですが、防災面からの活用方法があるので、バッグをベッドとして兼用してみましょう。

ただ、現在使っているベッドをいきなり入れ替えるのは難しいものです。その場合、使用中のベッドの横やサークルの隣にクレートを置き、扉を開けて出入り自由にしておきます。快適な場所と気がつけば、いつの間にか使うようになります。猫の場合では、穴倉形状のベッドは高い場所ではなく、床近くに配置しておくことが防災面で必要でしょう。

profile
金巻とも子/一級建築士
大手建設会社にて集合住宅を中心に企画設計・施工管理などを担当。独立後は設計業務のほか、動物との暮らしをテーマに建築コーディネーターとして常に第一線で活躍されています。
(金巻先生には、東リ「犬家猫館」(R) の製品開発の際にもさまざまなアドバイスをいただいております)
金巻とも子
 金巻先生が本を出版されました!
・「マンションで犬や猫と上手に暮らす」
犬・猫の気持ちで住まいの工夫 ・「犬・猫の気持ちで住まいの工夫」

単なるペットのトラブル対策に終わらないしつけやトレーニングも踏まえながらのアドバイスが満載。かわいいイラストも◎。
彰国社刊 定価(本体 1,600円+税)


  • バックナンバーをみる→
  • カテゴリ一覧をみる→
↑ページのTOPへ