うちの子ともっと快適に、もっと楽しく暮らす総合情報サイト 犬家猫館.COM

 
 

金巻先生先生のわんだふるな住まいの知識

犬家猫館.com > ペットの暮らし情報 > わんだふるな住まいの知識 > 第47回 住まいの3要素と「楽」

第47回 住まいの3要素と「楽」

もっと我が家を楽しむために、犬猫と暮らす家の初心に戻ってみましょう。

お互いを支え合い時間を積み重ねること

住まいにおける家族の構成要素、犬や猫と暮らす家庭ではもちろん「人」と「犬猫」、そして「家」です。人と犬猫とは生理生態は違っても、「快適」という基本欲求は共通でしょう。モノである家ですが、「住居としての健全な機能を長く発揮する」ということが期待されます。この家族の期待と家族への義務が、建物としての欲求と言いかえて考えられるでしょう。この3者の要求が、お互いを支え合い時間を積み重ねていくのが「家庭」となるのではないでしょうか。

満足度の高い生活空間を築くために

満足度の高い生活空間を家庭に築くためには、家族の要求を正しく理解していかないと、無駄な妥協や諦めが出てしまいがちです。無駄な妥協とは、「犬が家の中で騒ぐのはしかたない」「猫が爪で家を傷つけるのはしかたない」が代表的なものです。的を射ていない妥協でも、一時は方付いた気がするかもしれませんが、相手の本来の悩みや求めに対しては目をそむけていたのでは、双方が負担を抱え疲れきるだけです。誰も幸せにはなれていませんね。相手の要求の芯を見極めれば、それほど負担にならない方法だって見つかるはずです。

家族によってたくさんの都合があっても、基本の望みは単純。負担が少なく楽できること、日々が楽しいこと。この二つをまとめて「楽」とし、「人の楽」「犬猫の楽」「家の楽」という、3つの都合と関係性でみると整理しやすそうです。

3者の「楽」をバランスよく組み合わせましょう

例えば、「人の楽」「犬猫の楽」の関係は、うちのコが落ち着いてくれたら、飼主さんも落ち着ける、飼主さんの落ち着いている様子を見て、犬猫も落ち着ける。犬猫が楽しんでいると、人も住まいが楽しくなるという相乗効果があるもの。「家の楽」とは建物の耐久性や快適性が上がることですが、管理と維持がしやすいという「人の楽」になります。

特に家の中が生活のすべてである猫にとって、家との関係は重要です。家の中で楽しく運動ができて、猫同士の社会関係も無理なく維持できる住環境と言う「猫の楽」は、退屈や緊張から出た破壊行動を減らし、家を長持ちさせる「家の楽」に関係するのです。

3者がそれぞれに「楽を」して「楽しむ」という住まい方。3者の「楽」をバランスよく組み合わせ、豊かな住まいにしていきましょう。

profile
金巻とも子/一級建築士
大手建設会社にて集合住宅を中心に企画設計・施工管理などを担当。独立後は設計業務のほか、動物との暮らしをテーマに建築コーディネーターとして常に第一線で活躍されています。
(金巻先生には、東リ「犬家猫館」(R) の製品開発の際にもさまざまなアドバイスをいただいております)
金巻とも子
 金巻先生が本を出版されました!
・「マンションで犬や猫と上手に暮らす」
犬・猫の気持ちで住まいの工夫 ・「犬・猫の気持ちで住まいの工夫」

単なるペットのトラブル対策に終わらないしつけやトレーニングも踏まえながらのアドバイスが満載。かわいいイラストも◎。
彰国社刊 定価(本体 1,600円+税)


  • バックナンバーをみる→
  • カテゴリ一覧をみる→
↑ページのTOPへ