うちの子ともっと快適に、もっと楽しく暮らす総合情報サイト 犬家猫館.COM

 
 

金巻先生先生のわんだふるな住まいの知識

犬家猫館.com > ペットの暮らし情報 > わんだふるな住まいの知識 > 第49回 ハウスが隠れ家であるために(前編)

第49回 ハウスが隠れ家であるために(前編)

穏やかで友好的な性格を養うとか、家庭内の学習の効率を高くするために、トレーニング方法を主として様々な方法が提案されています。共通して必要なのは、人と犬猫の双方がリラックスできていることでしょう。

私からは住まいのアプローチの方法として、犬猫に箱状のハウスやベッドを用意してあげるようお勧めしてきました。犬猫の安心を確保できる隠れ家の提供です。

ハウスが隠れ家として機能しているか

ハウスの状態しかし、用意してあげた隠れ家は、その機能を十分に発揮できているでしょうか。隠れ家が上手に機能しているかどうかは、室内でのシツケの苦労にも影響してくるのではないかと考えています。ハウスや隠れ家を与えてあげているのに、あまりそこで落ち着いていないとか、ビックリしやすいという様子があれば、その隠れ家が、安全に引きこもれる状態なのかどうか、疑ってみる必要がありそうですね。

例えば、ハウスがリビングの中にポンと置かれている状態で済ませていたりしないでしょうか。ハウスの入り口の目の前を、人が頻繁に動き回るような通路状態にあるなら、ハウスは隠れ家としての機能があまり発揮できていない可能性があります。

隠れ家の周辺に「間」をとること

小型犬や猫にとっては、人はかなり大きな動物です。鼻先を人が大股でバタバタ通る状態になっているなら、少しばかり繊細な性格なら落ち着かないでしょう。緊張を解き安心して脱力するために大切なのは、隠れ家の周辺に「間」をとること、と私は考えています。間とはこの場合は空間と言い切ってもいいかもしれません。

ハウスの周りには少し落ち着ける空間がとりまいている状態であるのが望ましいのです。ハウスを取り巻く空間は、家族との生活空間との接点になります。大きさは、そのコの体の大きさはもちろん、性格によっても違います。広すぎても狭くても空間がないのと同じになってしまいますので、多少の検討は必要になりますが、犬猫の視線に立って見てみると、判断し易くなります。

ハウスの快適性を高めてあげる手助けを

立体的に空間を活用できる猫にはサークルなど使うことは少ないですが、間を高さでも工夫できるからです。犬では、ハウスの入り口の方向を変えてあげることでも、隠れ家と家族の活動空間に間が生まれます。実のところ、ハウスの周りにサークルを設けるのは、トレーニングに使うだけではなく、ハウスとリビングとの間に適度な空間を設けるための、手っ取り早い対処にもなっているわけです。サークルの大きさは、単にトイレや食事などができるといっただけでサイズを判断するのではなく、ハウスの周辺の間がとれるかといった観点からも見てあげると、ハウスの快適性を高めてあげる手助けにもなりそうですね。

profile
金巻とも子/一級建築士
大手建設会社にて集合住宅を中心に企画設計・施工管理などを担当。独立後は設計業務のほか、動物との暮らしをテーマに建築コーディネーターとして常に第一線で活躍されています。
(金巻先生には、東リ「犬家猫館」(R) の製品開発の際にもさまざまなアドバイスをいただいております)
金巻とも子
 金巻先生が本を出版されました!
・「マンションで犬や猫と上手に暮らす」
犬・猫の気持ちで住まいの工夫 ・「犬・猫の気持ちで住まいの工夫」

単なるペットのトラブル対策に終わらないしつけやトレーニングも踏まえながらのアドバイスが満載。かわいいイラストも◎。
彰国社刊 定価(本体 1,600円+税)


  • バックナンバーをみる→
  • カテゴリ一覧をみる→
↑ページのTOPへ