うちの子ともっと快適に、もっと楽しく暮らす総合情報サイト 犬家猫館.COM

 
 

金巻先生先生のわんだふるな住まいの知識

犬家猫館.com > ペットの暮らし情報 > わんだふるな住まいの知識 > 第50回 ハウスが隠れ家であるために(後編)

第50回 ハウスが隠れ家であるために(後編)

ハウスやベッドといった隠れ家を取り巻く「間」の使い方は、その室内全体のエリア分けを犬猫の視点で見てみるとわかりやすいでしょう。

空間は3つのエリアに分けられます

犬のハウスが置かれた部屋の状態を例にして見ていきましょう。多くの方が、リビングの一角や隣接するようにハウスを置かれていますね。ハウスの外にサークル、サークルの外がリビングといった状態ではないでしょうか。これを使い手としての犬の立場から見ると、空間は3つのエリアに分けられます。

まず、中心のハウスは不安や動揺があれば自ら逃げ込む隠れ家、プライベートになります。脱力していても安心なリラックスの場所です。

全体空間となるリビングは、パブリックです。家の中であっても、犬猫にとって(人にもですが)自分の個室以外は、実際はパブリックなのです。特にリビングは、自分のものではないモノが置いてあるし、自分には全く関係ない知らない人が出入りすることもあります。家族が集う楽しい場所であるのと当時に、少しばかり緊張する場所です。

3つのエリア

プライベートとパブリックとの間にあるのが、セミ・プライベートエリアです。隠れ家の周りを緩衝地帯のように取り巻く層のような空間を、私は「警戒と勇気のスペース」とも呼んでいます。

そこは、こんな使い方がされています。
来客などで、犬猫が不安や動揺から隠れ家に逃げ込んだら、すぐには出ていくことは無理です。冷静になってきたなら、ちょっと様子を見るために出てきます。ただ、警戒しながらなので、隠れ家にすぐ戻れるほんの少しのところまでです。様子がわかって勇気がわいてくると、触れあいたい気持ちからパブリックな場所に出てみたくなります。こういった段階を踏めると、来客や新しいモノといった未知の相手にも前向きになる手助けになっていくでしょう。

また、隠れているとき近寄ってくる誰かがいても、セミ・プライベートエリアに踏み込んでこないならば、過剰に反応しなくてすむことにもなります。隠れ家の安心感を強くしてあげる機能も、このエリアにはあるのです。

緊張とリラックスのバランスが大切

ですから、家族はそのコが隠れ家に入っている時には、自分のペースで物事に向き合えるよう、そっとしておいてください。落ち着いて自分から出てくるのを待つ時間は、人にも、落ち着いて対処する余裕を与えてくれます。人も犬猫も、興奮や緊張を緩めることができるわけです。

緊張とリラックスがバランス良く家庭に存在することは、大切です。家の中での人と犬猫の生活空間を、意識的に段階分けしてみる事は、バランスを良くする一つの方策になるでしょう。

profile
金巻とも子/一級建築士
大手建設会社にて集合住宅を中心に企画設計・施工管理などを担当。独立後は設計業務のほか、動物との暮らしをテーマに建築コーディネーターとして常に第一線で活躍されています。
(金巻先生には、東リ「犬家猫館」(R) の製品開発の際にもさまざまなアドバイスをいただいております)
金巻とも子
 金巻先生が本を出版されました!
・「マンションで犬や猫と上手に暮らす」
犬・猫の気持ちで住まいの工夫 ・「犬・猫の気持ちで住まいの工夫」

単なるペットのトラブル対策に終わらないしつけやトレーニングも踏まえながらのアドバイスが満載。かわいいイラストも◎。
彰国社刊 定価(本体 1,600円+税)


  • バックナンバーをみる→
  • カテゴリ一覧をみる→
↑ページのTOPへ